2019/2/17 東京11R フェブラリーSの予想

こんにちは。uskです。

今年最初の中央競馬のGI、フェブラリーステークス。

出走は14頭とやや少なめで、王者・ルヴァンスレーヴがいないのは残念無念。

ただ、多重連勝中のインティやコパノキッキングが出てきて、話題性は十分。

楽しみなレースになりそうです。

前哨戦をテープが擦り切れるまで見た

もうすぐ平成が終わろうとしている中、「テープが擦り切れる

おいおい、と思うかもしれませんが、

でも、この表現でピンとくる競馬ファンは、けっこう年季が入っていると思います。

故・清水成駿氏の名文に出てくる表現ですよね。

まあ、今の時代、テープではないので、

前哨戦をYoutubeで何回も再生した

なんて表現になるのでしょうか。

味のある競馬をしている馬がいた

これも、上に書いた、故・清水成駿氏の名言からの引用。

フェブラリーSの前哨戦を繰り返し見てみたのですが、一頭、味のある競馬をしている馬がいました。

この記事は金曜日に書いていますが、その「味のある競馬をしている馬」は、金曜日の時点で全然人気がありません。

本番においてここまで評価が落ちるのは、評論家・トラックマンの責任もある

と続けるのが成駿流です。

前走一戦で見限るのは早計

成駿氏の名文では、皐月賞で凡走したボールドエンペラーに対し、「皐月賞一戦で見限るのは早計」となるんですが、今回狙いたい馬は、別に前走凡走してません。

むしろ好走しているのですが、好走している割に、現時点では人気がない。

フロックと見られているのでしょうか。

仮にフロックと見られているのであれば、これは大きなチャンスだと思います。

主役とタメをはる「地力がある馬」

ところで、今回のフェブラリーステークスですが、本来主役を張るはずだったのはルヴァンスレーヴ。

ところがアクシデントで回避したため、ゴールドドリーム・オメガパヒュームの2頭のGI馬に、インティ・コパノキッキングといった新星が挑む、という構図。

で、実はその本来主役を張るはずだったルヴァンスレーヴにも、今回主役の一角を担うオメガパヒュームにも、いい勝負をした馬がいるんですね。

その馬、「地力はある」んじゃないかと思うんです。

フェブラリーステークスの見解

というわけで、故・清水成駿氏の名文をオマージュしながら、フェブラリーステークスの予想です。

◎はサンライズソア

ここのところGIで連続3着。

昨年のシリウスSではオメガパヒュームの3着。

チャンピオンズCでは、オメガパヒューム(5着)に先着の3着。

左回りに変わって苦戦も予想されるオメガパヒュームより評価が低いのはなぜか。

出走かなわなかったものの、出走していれば主役だったルヴァンスレーヴとも0.4秒差の3着。

逃げれず、自分の形にできなかったのに3着に入ったのは力のある証拠。

テン乗り田辺騎手は一発がありそうなだけに要注意で、なおかつどうしても逃げたい他の馬は少なめ。

スタートさえ決まれば、十分勝負になると思います。

ちなみに母の父は「スペシャルウィーク」

成駿氏がボールドエンペラーとの一点で仕留めたダービーを制した馬ですね。

○はゴールドドリーム

ここを目標にしていて、順調に調整ができているのはプラス。

ルヴァンスレーヴがいないのなら、この馬が主役の中の主役であることは間違いなし。

スタートが芝コースで、内枠のほうが芝が少ない分、スタートダッシュが不利な内枠ではあるものの、このコースでは連対率100%の実績あり。

ゴールドアリュール産駒はこの距離・このコースが得意と言われています。

◎○で鉄板でしょう。

▲はノンコノユメ

これだけ極端な脚質の馬となると、活躍できる舞台は限られています。

馬体重も軽いタイプなので、力のいる地方の馬場を走らせるよりは、中央の馬場を走らせた方がいい。

そんなことを考えていくと、ノンコノユメ陣営にとって、結局この「フェブラリーS」しか選択肢がなくなってしまいます。

その分、このレースにかける陣営の意気込みは凄まじい。

また、展開的にも大外から直線一気ですが、少頭数になった分、大外に持ち出しやすいのではないでしょうか。

△はインティ

この馬のレースも、「テープが擦り切れるほど」みたんですが、やっぱり強いですよね。

金曜日時点ではありますが、1番人気に推されています。

ただ、展開は本当にこの馬にとって向くのでしょうか。

虚弱体質だったのに、こんなにレース間隔を詰めていいのでしょうか。

そもそも前走も、重賞とは言え、決して強いメンバーではありませんでした。

不安要素なんてあげたらきりがないんですが、ちょっと気になったのでこの評価です。

まとめ

ということで、清水成駿氏の名文に沿って、フェブラリーステークスを予想してみました。

この名文の最後は、もっとも有名なフレーズです。

たまには女房に帯の札束を渡すのも悪くはあるまい

そんな馬券が取れればいいんですがね。

コメント