地方競馬で上位人気5頭の三連複ボックスを買うと儲かるのか。

昨日は会社帰りに川崎競馬に行ってきました。

会社の同僚3人と行ってきたのですが、

見事に4人とも誰一人的中せず。。。

うちの会社から川崎競馬場までは1時間以上かかるのですが、それくらいかけて行ったにもかかわらず、まったく当たらなかったということで、帰りの電車はくら~いムードでした。。。

その帰りの電車の中、最近競馬を始めた同僚の一人が、こんなことを呟きました。

同僚「uskさん、地方競馬って堅いですよね」

usk「そうだね。一般的にはそういわれているよね」

同僚「そうすると、1番人気から5番人気の三連複5頭ボックスを、全レースひたすら買ってれば当たるんじゃないですかね?」

usk「うーん。。。」

僕はあまり人気買いをしないものですから、こういう観点はなかったのですが、そんな買い方をしたら、果たして儲かるのだろうか、という疑問がわいてきました。

で、気になって気になって仕方なかったので、ちょっとデータを拾ってみることにしました。

検討材料にしたのは、日本一堅いと言われている名古屋競馬笠松競馬の、6月に入ってからの開催8日間全90レースです。

この90レースで、1~5番人気の3連複5頭ボックス、10点をただひたすら買い続けた場合の平均回収率は、68.7%という結果になりました。

要は、トリガミということですね。

ちなみに回収率100%を超えた日は6/14、すなわち今日の1日のみ。昨日6/13なんか、回収率31.0%です。

これはなかなか酷いですね。

では、2~6番人気の5頭ボックスではどうでしょうか。

この場合の平均回収率は93.4%ということで、なかなか優秀な結果ではあるものの、やっぱりトリガミには変わりありません。

ちなみに回収率100%を超えた日は8日のうち3日あり、最高回収率は244.7%でしたが、一方で回収率0%という日もありました。

では、3~7番人気の5頭ボックスではどうでしょうか。

この場合の平均回収率は41.5%で極端に下がります。回収率100%を超えた日は1日のみで、回収率0%という日も4日ありました。

ここまでの検証結果を整理すると、

・日ごとのバラツキはあるものの、総じて人気上位の三連複5頭ボックスは儲からない。

・敢えてやるなら、1~5番人気よりも、2~6番人気の5頭ボックスがよい。

ということになりそうです。

では、三連複ではなく、同じ5頭ボックスで10点となる、馬連複はどうでしょうか。

1~5番人気の馬連複5頭ボックスの平均回収率は83.4%で、トリガミには変わらないものの、三連複よりは高い回収率となりました。

ちなみに2~6番人気の馬連複5頭ボックスは83.1%で、1~5番人気とほぼ同等、3~7番人気でも81.3%と、1~5番人気や2~6番人気と比べて、それほど回収率が下がらない結果となりました。

日によっては、馬連複の方が三連複よりも回収率が高いケースもあり、人気を重視した5頭ボックスの買い方としては、三連複よりも馬連複の方が安定した回収率となりやすい、ということが言えそうです。

こういった結果となる背景としては、地方競馬、とりわけ名古屋・笠松競馬における1番人気の信頼性があると思われます。

今回検討した90レース中、1番人気が馬券外になったレースは、12レースのみ。1日あたりで言うと、1番人気が馬券外になるのは、多くて3レース。日によっては全レースで1番人気が馬券内に来ています。

それだけ1番人気が馬券に絡めば、配当も安くなりがちですよね。

とはいえ、1番人気が連を外し3着に来るケースもありますから、そういうときに馬連複の配当が上がりやすい。なので、三連複よりも馬連複の回収率が高くなる、というわけなのです。

今回は名古屋・笠松という競馬場の、ごく短期間のデータを拾ってみただけなので、もしかするとデータを拡大すれば、また、別の競馬場で検証すれば、違った結果は出てくるかもしれません。

ですが、おおよその回収率においては馬連複>三連複という傾向は、他の競馬場でも変わらないのではないでしょうか。

また時間があったら、他の競馬場や、それこそJRAでも検証してみたいとは思いますが、一応、同僚には、

「1~5番人気の三連複5頭ボックスを買い続けるよりは、2~6番人気の馬連複ボックスを買い続けた方がいいよ」

とアドバイスしたいと思います。