2018/6/17 高知7R 高知優駿の予想

今日は関東オークスを見に、川崎競馬場に行ってきました。

いやあ、にぎわっていましたね。

気候的にもナイター競馬に適していて、自分もそうですが、会社帰りのサラリーマンなどでごった返していました。

その関東オークスを制したのは、6番人気のハービンマオでした。

当ブログの予想では、実績不足として中央勢では格下に見ていましたが、松岡騎手の好騎乗もあり、先に抜け出したゴールドパテックをゴール前で見事にとらえました。

1番人気に推されていて、当ブログでも推奨したララプリムヴェールは、パドックでやや重たい動きでした。

ただ、馬格があって見栄えはしたので買い目に入れたのですが、直線では伸びなかったですね。今後に期待しましょう。

それにしても、東京プリンセス賞3着のゴールドパテックが中央勢相手に「あわや」というところまで粘り、3着にもクレイジーアクセルが入ったところから考えると、今年の地方勢、特に牝馬はなかなかレベルが高いのかもしれませんね。

牝馬はダートグレードレースのラインナップも充実していますから、今後のダートグレードレースでも、地方3歳牝馬は注目したいと思います。

さて、地方のダービーシリーズは終盤戦です。残すところ高知優駿と北海優駿のみとなりました。その高知優駿の予想です。

高知優駿は昨年から全国交流レースになりました。その結果、今年の高知優駿には地元高知勢のほかに、他地区から4頭が参戦しており、なかには他地区のダービーに出走して、ここにも顔を出してきた馬もいます。

いずれにせよ、全国交流レースとなったことによって、レベルの高いレースが期待できそうです。

その他地区のダービーである石川ダービー3着からここに駒を進めてきたのがノブイチです。

石川ダービーでは圧倒的な1番人気に推されながら、終始苦しいペースに持ち込まれ、まさかの3着敗退となりましたが、本来の地力からすれば、金沢では敵がいない馬です。

鞍上に名古屋の名手・岡部誠騎手を据えてきたところからしても、陣営の本気度合いがうかがえますね。

ノブイチの懸念材料としては、比較的長距離の輸送は今回が初めてだということ、そして高知では不利とされる内枠であることでしょうか。

また、距離適性の面でも、前走の石川ダービーが2000mで3着だったことを踏まえると、やや1900mは長めかと思われます。

いずれにしても注目の一頭には違いありません。

他地区の有力どころとしては、大井から参戦のコスモバレットでしょうか。

前走1600m戦では1番人気に推されながら6着に敗れましたが、その前の東京ダービートライアルの2000m戦で3着に入っているように、中距離に距離適性がありそうです。

南関勢の中では、中位レベルの馬ではありますが、南関自体のレベルの高さを考えれば、このメンバーを圧倒することも考えられなくはないでしょう。

佐賀からはベルセルクとスーパージェットの2頭が参戦します。いずれも過去の実績から今回の距離である1900mあたりがちょうどいい距離と思われますので、乗り方次第では上位がうかがえると思われます。

対する地元・高知勢ですが、筆頭格は黒潮皐月賞を制しているヴァリヤンツリでしょう。

ここまで16戦10勝。すべて3着以内に入っており、馬券外になったことがありません。

ここのところ3連勝中で、今回出走メンバーとも勝負付けはほとんど済んでいると言えます。

やや内枠に入ったのが気がかりではありますが、高知を知り尽くした西川騎手なら問題ないでしょう。

ヴァリヤンツリに次ぐメンバーとしては、黒潮皐月賞2着、山桃特別2着と、いずれもヴァリヤンツリには敗れているものの、他のメンバーには勝っている牝馬スターアイリスでしょう。

ただ、スターアイリスは、前走1800m戦こそ2着に入っているとはいえ、本来的にはもっと短いところが合う馬でしょうから、この1900m戦が前走よりも好条件かというと、そうは言えないと思います。

山桃特別で3着に入ったアウトスタンディンは、前走でも見せた鋭い伸び脚が身上の馬。こちらもやや距離としては長いと思われますが、展開が向けば十分一発がある馬だと思われます。

山桃特別は5着に敗れたものの、高知の3歳戦線の中核を担ってきたレマンコは、今回川崎の瀧川寿希也騎手の騎乗で参戦します。

個人的には別府麻衣騎手とのコンビが名コンビだと思っていただけに、コンビが解消されることは寂しいのですが、瀧川騎手は南関でもリーディング上位に名を連ねる、南関の若手ジョッキーNo.1です。

今までの乗り方にこだわらない乗り方をしてきたときに怖い存在になりそうですね。

あとは、山桃特別でやや復調の気配を見せたネオプリンセスも一発が怖い存在。ほかにも伏兵が何頭か潜んでいそうなレースです。

そんな中、当ブログが本命に推すのは、

ヴァリヤンツリ

です。

地元勢の中ではひとつ頭が抜きんでた馬だと思いますし、何より馬も騎手も高知に慣れているのが大きいと思います。

買い目としては、1.3.5.6.10の馬複ボックスでいきたいと思います。

そろそろ馬券のスマッシュヒットはないかな・・・。

スポンサーリンク