2019/1/3 川崎11R 報知オールスターカップの予想

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

昨年6月に前ブログを引き継いで立ち上げたこのブログも、なんとかかんとか半年続けてくることができました。

予想スタイルなど、まだまだブレブレなところがあり、試行錯誤の毎日ですが、競馬を楽しむ気持ちだけは忘れずに、今年もどんどん予想していきたいと思います。

今年もほぼ毎日競馬をよろしくお願いします。

新春一発目!

さて、早速新春一発目の予想として、川崎の重賞、報知オールスターカップを予想していきたいと思います。

距離は2100m。出走は12頭。

年明けにふさわしい、いいメンバーが揃ったと思います。

新年ですし、イキの良さを重視して予想してみたいと思います。

◎はヤマノファイト

昨年の秋は浦和の重賞を2戦して2着→5着。

勝ちには至りませんでしたが、強い相手に力は出し切った印象です。

今回、川崎では有利な内枠を引きました。

明け4歳馬のフレッシュさを活かして、羽田盃馬の力の違いを見せたいところです。

◯はゴールドパテック

こちらも4歳の牝馬。

昨年は今回のレースと同じ距離で、ダートグレードレースの関東オークス2着、牡馬相手の戸塚記念4着、古馬相手のロジータ記念で3着と、強敵相手でもしっかり結果を残してきました。

今回は3枠3番の好枠を引きました。

53キロの斤量も魅力です。

▲はハセノパイロ

ダービー馬がようやく戻ってきましたね。

パドックや返し馬で気配を確認する必要は大いにありそうですが、実力は上位ですから、復帰初戦から馬券に絡むこともありえなくはないと思います。

斤量も55キロなら恵まれたと言えるでしょう。

どんなレースをしてくれるのか楽しみです。

△はトキノパイレーツ

前走は1500m戦で1番人気に推されながら4着。

しかしながら、明らかに距離不足だったように見えました。

2100m戦のここなら巻き返しは可能でしょう。

大ベテラン森下騎手が前走から乗っていますが、ベテランの味を見せてほしいところですね。

54キロという斤量も魅力です。

いいレースを

昨年の地方競馬は、売上が各競馬場とも大きく伸びたものの、岩手と浦和の薬物問題で暗い影を落としました。

しかもその問題はまだ解決していないという状況。

せっかく地方競馬が盛り上がってきたところで、本当に残念な状況なのですが、やっぱりその暗い要素を拭い去るには、いいレースを見せることしかないと思います。

新春早々の重賞レース。

熱いレースを期待しましょう。

コメント