2018/12/30 東京シンデレラマイルの予想

スポンサーリンク

寒い…

実家に来ています。

雪がしんしんと降っています。

寒いですねえ。

こんな寒い中行われる桐花賞は、暮れの風物詩だったんですが…。

年末は予想が忙しい

さて、前にもこのブログで言及しましたが、暮れは地方重賞が目白押し。

流石に全てのレースを予想できないと思いますが、これはというレースを厳選して予想をしていきたいと思います。

全部予想して、全部買ってたら、お金も厳しくなりますしね…。

マイル適性重視で

さて、早速東京シンデレラマイルの予想からです。

◎はラーゴブルー

大井のマイルならこの馬。

成績が安定しており、軸に最適です。

もともと良血で期待されていた馬ですが、近走、ようやく実力を発揮できる態勢になってきた印象です。

強いて挙げるなら、57キロという斤量が不安要素でしょうかね。

◯はコパノビジン

中央1000万下からの転入後、1着、3着、1着。

前走は牡馬相手に強いレースを見せました。

牝馬同士となるこのレースなら、頭まであるのではないでしょうか。

▲はファイトユアソング

最近はあまり成績が奮いませんが、牝馬同士のマイル戦なら、軽視は禁物だと思います。

斤量も前走の57キロから1キロ軽くなっての一戦。

怖い一頭だと思います。

△はクロスウィンド

前走ロジータ記念は見事な走り。

クレイジーアクセル以下、強敵を退けました。

実力だけならこの馬が最上位だと思いますが、大井のマイルがどうか、といったところ。

マイルで実績がないわけではありませんが、ここ最近のレースを見ると、やっぱりそこそこ距離があって、ゆったりとした流れになる方が向いているように思えます。

×はニシノラピート

57キロは酷量だとは思いますが、ほかに何としても逃げたい、競り合ってきそうな逃げ馬がいないんですよね。

こういう時の大井の帝王は絶妙なペースで逃げて、最後まで持たせることがよくあります。

馬も力がない馬ではないだけに、怖いので押さえておきたい一頭です。

コメント