2018/12/22 中山10R 中山大障害の予想

あれから一年

心震えた2頭の一騎打ちから一年。

2017/12/23 第140回 中山大障害(J・GⅠ)《結果速報》

一年が経つのは本当に早いですね。

あの日の両雄のうち、一頭はもう一度同じ舞台に立ち、もう一頭は、翌日行われる別の晴れ舞台に挑みます。

1年前、こんなことになるとは夢にも思いませんでした。

なんか感慨深いですね。

特殊なコースだから

さて、中山大障害の検討です。

平地競走にいろんなコース、距離があるように、障害レースと一口に言っても、いろんなコース・距離があります。

特に中山大障害が行われる、俗に言う「大障害コース」は、春の中山グランドジャンプと、この中山大障害でしか使われない、極めて特殊なコース。

だから、前哨戦で勝っているとか、他の競馬場の障害レースで実績があるとか、そういうことは、予想をする上であまり大事な要素ではありません。

なによりも、過去、中山大障害か中山グランドジャンプで実績があるか。

予想をする上ではこれに尽きると思います。

現王者がいなければ前王者

では、予想です。

◎はアップトゥデイト

アップトゥデイト | 競走馬データ - netkeiba.com
アップトゥデイトの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

アップトゥデイトは10年に一度いるかいないかの名ジャンパー。

ただ、同じ時代に、おそらく100年に一度いるかいないかの、不世出のジャンパーがいました。

その100年に一度いるかいないかの不世出のジャンパーが走らないこのレースなら、10年に一度いるかいないかの名ジャンパーが勝つのはもはや当たり前。

そもそも、あの馬さえいなければ、アップトゥデイトが中山大障害を3連覇していたはずです。

コース実績は言わずもがな。

強いて言うなら、相棒・林騎手が引退してしまって、白浜騎手に乗り替わってしまったことが不安要素でしょうか。

ただ、すでに白浜騎手と2戦コンビを組んでいますし、不安という不安とは言えないでしょう。

鉄板だと思います。

◯はニホンピロバロン

ニホンピロバロン | 競走馬データ - netkeiba.com
ニホンピロバロンの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

この馬も相当強い障害馬です。

生まれた時代が悪かったとしか言いようがありません。

大きく崩れないのがこの馬の魅力。

大障害コースは今年の中山グランドジャンプで3着の実績があります。

中山大障害3連覇がかかる石神騎手を鞍上に迎え、頭までは狙えないまでも、連対は有力、馬券内は確実と言えるでしょう。

▲はルペールノエル

ルペールノエル | 競走馬データ - netkeiba.com
ルペールノエルの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

勝ちきれないイメージはあるものの、いつも最後にいい脚で突っ込んでくる馬。

中山大障害は3着2回。

中山グランドジャンプは4着、5着。

コース適性があることは疑いありませんし、戦績を見ると大障害の方が向いているかもしれません。

高田騎手が一発を狙った騎乗をしてきそうで不気味です。

△はタイセイドリーム

タイセイドリーム | 競走馬データ - netkeiba.com
タイセイドリームの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

昨年の中山グランドジャンプ4着。

その後、平地競走をはさんで3着→1着→3着。

勝ちきれないところはあるものの、安定感は他の馬よりも優れていると思います。

大きく崩れないという意味で、押さえておきたい一頭です。

出走しなくても圧倒的な存在感

というわけで、上記4頭を挙げるだけで十分だと思われる中山大障害を予想しました。

予想してて思ったのは、やっぱり、あの馬の存在感。

すべて、あの馬がいない、という前提で予想をするということ。

それだけ、「絶対王者」の存在感は絶大なものがあると言えます。

あの馬のおかげで、障害レースに対する注目が、今までにないくらい集まっていると言えます。

翌日に大舞台に挑むあの馬の名誉のためにも、中山大障害に出走する各馬には、ぜひとも白熱したレースを展開してもらいたいものです。

そして、とにもかくにも、全馬落馬することなく、無事にゴール板をかけぬけることを心から願っています。

コメント