2018/12/16 阪神11R 朝日杯フューチュリティステークスの予想

あの朝日杯から21年

朝日杯は僕にとって忘れられないレースのひとつ。

21年前の朝日杯で出会った一頭の馬から、僕の競馬人生ははじまりました。

その馬はグラスワンダー。

グラスワンダーの朝日杯での走りに魅せられて競馬が好きになったといっても過言ではありません。

あの日、僕は父と弟と何気なくテレビを見ていました。

たまたまついていたのが競馬中継。

やたらフジテレビの中継で凄い馬がいると煽っていたのを覚えています。

そんなに強い馬なら、どんなレースを見せてくれるのだろう。

そんな期待感を持ってみていました。

そして、その期待を裏切らない圧勝劇。

1997 朝日杯3歳ステークス(GⅠ) グラスワンダー  (三宅正治)

独特の走り方。

金色の馬体。

なんて凄い馬なんだろうと、一瞬でファンになりました。

それから、グラスワンダーとの思い出は数知れず。

本当に、本当に大好きな馬です。

その大好きなグラスワンダーと出会ったレースである朝日杯。

もう二度とグラスワンダーのような馬に出会えないと思っていますが、それでも、そんな馬に出会えることを期待して予想したいと思います。

怪物牝馬?

さて、グラスワンダーが登場したころ、グラスワンダーは「栗毛の怪物」と言われていました。

今年の朝日杯には同じく「怪物」と称される馬が出走します。

しかも、その馬は牝馬。

グランアレグリアですね。

グランアレグリア | 競走馬データ - netkeiba.com
グランアレグリアの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

デビュー戦で破ったのは、先週の阪神JFで勝ったダノンファンタジー。

2戦目のサウジアラビアRCでは、牡馬相手に圧勝。

確かに怪物と言える要素が満載です。

相手関係が微妙では?

でも、本当にグランアレグリアは「怪物」なのでしょうか。

確かにデビュー戦でダノンファンタジーを破っています。

しかし、そんなこと言ったらアーモンドアイはデビュー戦で負けているわけで、グランアレグリアはアーモンドアイに勝ったニシノウララと同じ、かもしれません。

いや、ニシノウララと違うのは、その後に重賞を勝っていること。

でも、その重賞のレベルってどうだったのでしょうか。

これはわかりません。

なぜなら、2着のドゴールも、サウジアラビアRC以来レースに出走しておらず、ようやく今回の朝日杯に出てきたところで、比較のしようがないのです。

3着アマーティもその後レースに出ておらず、このあとフェアリーSの予定。

4着ドラウプニルもその後出走していないし、5着のシャドウエンペラーは黄菊賞に出て5着に敗れています。

しかも、前走はグランアレグリアも含め、みんな1勝馬でしたね。

レースレベルが低かった、なんてこともあるかもしれません。

まあ、かといって、今年の2歳戦で、このレースのレベルが高かった、なんて言えるレースがあるかというと、ないんですが・・・。

大荒れに期待

阪神のマイルなので、あまり紛れが生じるとは思えませんが、あえて大荒れを狙って予想です。

◎はニホンピロヘンソン

ニホンピロヘンソン | 競走馬データ - netkeiba.com
ニホンピロヘンソンの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

いやあ、この馬の母系は涙がちょちょぎれますね。

ザ・ニホンピロ。

ザ・日本という血統。

こういう馬に勝ってほしいな、という、もはや願望です。

だって、毎週、毎週、ノーザンファーム×クラブ馬×外国人騎手じゃあ、面白くないじゃないですか。

ただ、単に夢を託しているだけではありません。

1400m戦で連勝しているように、スピードは間違いないと思います。

いまだ底を見せていない魅力を買いたいと思います。

〇はアドマイヤマーズ

アドマイヤマーズ | 競走馬データ - netkeiba.com
アドマイヤマーズの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

デビュー戦で新潟2歳Sの勝ち馬・ケイデンスコールを破って、その後も中京2歳S、デイリー杯2歳Sと連勝。

3戦3勝馬ですから、本来はこの馬が1番人気でもおかしくはないんですがね。

▲はファンタジスト

ファンタジスト | 競走馬データ - netkeiba.com
ファンタジストの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

今回はさんざん距離が長いといわれていますが、こちらも3戦3勝の馬。

まあ、レースぶりから長いといわれているのでしょうが、ロードカナロア×ディープインパクトですから、そんなに悲観するほど短距離馬ではないと思っています。

武豊騎手のGI完全制覇の鬼門となっているレース。

外枠なのは気になりますが、熟練の技で距離は持たせられると思います。

△はマイネルサーパス

マイネルサーパス | 競走馬データ - netkeiba.com
マイネルサーパスの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

1800m戦を連勝して、このマイル戦。

一見すると、距離への不安もありますが、連勝の勢いは買いたいですね。

アイルハヴアナザー×タマモクロスという、なんともいえない微妙な血統背景ですが、いたって安定的な成績を収めています。

期待したい一頭です。

×はエメラルファイト

エメラルファイト | 競走馬データ - netkeiba.com
エメラルファイトの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

大外枠でなければ、もう少し重い印を打ってもよかったのですが、なにせ大外。

まあ、このコースの大外はそんなに悪いわけではありませんが。

仕方ないな、と思いつつ、アイビーSで阪神JF2着のクロノジェネシスに3着。地力はあると思います。

グラスワンダーvsオルフェーヴル

さて、朝日杯が終わると、いよいよ有馬記念。

この有馬記念も、僕とグラスワンダーにとっては、大事なレースです。

まあ、それについては今後語るとして、この有馬記念に向けて、JRAがブランドCMを作成しました。

そのブランドCM、「夢のVS.」で描かれたのは、グラスワンダーvsオルフェーヴル。

なんていう着眼点。

僕はどっちも大好きな馬ですので、もうしびれちゃいますね。

いいCMだと思いますので、ぜひご覧ください。

ブランドCM 「夢のVS.」

コメント