2018/6/10 東京11R エプソムカップの予想

いやあ、今日は暑かったですねえ。

東京都心では30度を超える真夏日だったそうです。

明日も暑いのかなあ、なんて思いきや、なんでも、明日の関東地方は、今日と打って変わって涼しくなるようです。

天候の変動は身体にこたえますね。

さて、明日の東京のメインはエプソムカップ。芝1800mの重賞としておなじみですね。

競馬番組って、しょっちゅう変わるんですが、このエプソムカップは、僕が競馬を始めた約20年前からこの時期に開催されている気がします。

おそらく、エプソムダービーがこの時期だからなんでしょうね。

今年の出走馬は全部で16頭。毎年のことながら、多彩なメンバーが集結しており、面白いレースが期待できそうですね。

過去のこのレースの勝ち馬や上位入着馬を見ると、どちらかというとマイル寄りの馬が上位に来ているように思えます。

そして、割と前目で競馬ができる馬が多いように見えます。

府中コースというと、どうしても差し・追い込みが決まりやすい、という印象がありますが、ことこのレースに限ってはそういうわけではないようです。

ここ10年は良馬場で開催されていますが、馬場表示は良でも、梅雨時かつ開催後半ということもあって、パンパンの良馬場ではない、ということもあるのではないでしょうか。

そんな馬場状態だと、いかに府中といえども、エプソムカップは、前目に行く馬が力を発揮できる舞台なのかもしれませんね。

そんな前提を頭に置いたうえで、エプソムカップの本命は、

ダイワキャグニー

です。

この馬、メンバー屈指の府中巧者ですよね。

10戦5勝の5勝はすべて府中。実に府中コースは[5.0.1.2]です。

着外の2戦はダービーと休み明けの毎日王冠。ダービーは距離的な問題があったとして、毎日王冠は7番人気ながら4着にきています。

毎日王冠はメンバーも強かったことを考えると、そのときから格としては1枚も2枚も落ちる今回のメンバーならば、ダイワキャグニーの相手にならないのではないでしょうか。

念願の重賞初制覇、といきたいところです。

馬券は、ちょっと穴狙い気味で、3.5.8.10.13の馬連5頭ボックスです。

スポンサーリンク