2018/12/9 シャティン7R 香港マイルの予想

スポンサーリンク

飲みすぎた…

今日は会社の飲み会でした。

あまり飲まないつもりが、調子に乗って飲んでしまいました。

この展開、20年連続数えきれず。

飲んでる最中は楽しいんですが、終わってから自己嫌悪。

まあ、その自己嫌悪すら、明日には忘れてしまうんですがね。

混戦模様のマイル

さて、香港国際レースの3戦目は香港マイル。

マイルは香港のお家芸的なレース。

でも、今年は混戦模様。

日本からの参戦馬もレベルは低くありません。

個人的には、日本馬にチャンスがあるとすれば、このレースだと思います。

でも地元優勢

では予想です。

◎はビューティージェネレーション

昨年の勝ち馬。

現在4連勝中。

春のマイルチャンピオン。

斤量は前回から1キロ減。

死角という死角はなさそう。

不動の軸でしょう。

◯はモズアスコット

直感的ではありますが、香港の芝がもっとも合いそうな日本馬。

前走は散々でしたが、巻き返しは必至。

人気を落としているようなら格好の狙い目でしょう。

▲はペルシアンナイト

大外はマイナス要因。

ただ、地力はあるだけに、軽視は禁物。

秋は3戦目。

臨戦過程的にも問題なし。

△はワンマスター

今年のフォレ賞の勝ち馬。

前走BCマイルは7番人気で5着。

キャリアが浅いのは気になります。

ただ、それだけに未知の魅力があります。

鞍上ムーアも魅力のひとつです。

×ヴィブロス

遠征競馬に強いのは魅力。

近走奮いませんが、マイルは向いてるはず。

人気の盲点になっているようなら狙い目です。

海外競馬は難しい

香港国際レースの3レース目を予想しました。

やっぱり予想が難しい。

同じマイルでも、京都のマイルと府中のマイルでは全然違うように、海外のマイルも千差万別。

できるだけ、今回のステージに合いそうな馬を探すけど、そもそも今回のステージに対する理解も足りない。

こういう国際レースを予想するたび、競馬の奥深さを感じます。