競馬でトリガミを避ける方法

今日の記事は備忘録的な内容です。

スポンサーリンク

トリガミとは

トリガミ。

賭けた金額より払いもどしが少ないこと。

どんな馬券でも、1つの買い目(1点)において最低オッズは1.0倍。

ところが、2点、3点と、買い目が増えれば、賭ける金額も増える。

仮に3点買って、うち1点が的中。

その的中した馬券のオッズが2.9倍以下だった場合、トリガミとなる。

だから、トリガミは1点勝負のときには起きない。

2点勝負以上から発生するのがトリガミ。

トリガミは面白くない

せっかく馬券が当たったのに、トリガミじゃあ面白くない。

だって、馬券を買うのは賭けたお金を増やすため。

賭けたお金よりも払いもどしが少なかったら、馬券を買う意味がない。

だからトリガミは面白くない。

面白くないトリガミが続くと、競馬自体が面白くなくなる。

だから、競馬を楽しむためにはトリガミを避けなければならない。

トリガミが発生する要因

なぜ、トリガミが発生するのか。

その理由は簡単である。

賭ける点数と払いもどし金額、すなわちオッズがアンマッチだから。

払いもどしの期待値より賭ける点数が多かったら、必ずトリガミになる。

馬券を3点買って、それぞれのオッズが

①2.5倍

②2.9倍

③1.6倍

だったら、どの馬券が的中してもトリガミになる。

だから、本来は上記の買い目を3点も買ってはいけない。

①②を買うなら2点まで。

③を買うなら③の1点勝負でないとトリガミになる。

トリガミを避けるためには

ここまでのところで、トリガミになるかならないかのカギが何か、容易に想像がつくと思う。

オッズ購入点数である。

だから、トリガミを避けるためには、必ずオッズを見なければならない。

購入点数を決めたら、まずオッズを見る。

そして、トリガミが発生する可能性がある場合は、

・購入点数を減らす または

・1点あたりの購入金額を上げる

の2通りを検討しなければならない。

購入点数を減らす=予想を買える

ただ、購入点数を減らす、ということは、予想を変える、ということに他ならない。

自分が「この馬は来るかもしれない」と思って押さえた馬がいたにもかかわらず、購入点数を減らすためにその馬を切るのは、その予想自体を放棄しているのと同じこと。

だから、本来購入点数を減らすということはあってはならない。

なので、資金が許す限り、1点あたりの購入金額を上げることを検討しなければならない。

たとえば、買い目が以下のようなオッズだったとしよう。

①3.2

②6.6

③6.9

④10.8

⑤12.1

この場合、①~⑤を均等に同一の金額で馬券を購入すると、①が当たったときにトリガミとなる。

しかし、①の購入金額を②~⑤1点あたりの購入金額の2倍にすれば、たちまちどの買い目でもトリガミがなくなる。

だから、本来は全体の購入金額の上限を決めず、買うと決めた買い目について、トリガミがなくなるように、1点当たりの購入金額を調整するのがベスト。

均等配当のすすめ

ただ、現実には全体の購入金額の上限を決めないのは難しい。

馬券を買うのにも予算というものがある。

だから、予算内で、各買い目に対してどのように資金を配分して、どのような配当を得るようにするかを考える必要がある。

そんなとき念頭に置きたいのが「均等配当」の考え方。

各買い目のどれが当たっても、おおよそ同じ払いもどし額になるように、各買い目の購入金額を調整することである。

上記の例をもう一度使って、均等配当を検討してみたい。

資金は仮に1000円だとする。

①3.2

②6.6

③6.9

④10.8

⑤12.1

この場合、まず考えないといけないのは①

①が総額のかけ金である1000円を上回る払いもどしになるように、①の購入金額をセットしなければならない。

したがって、①のかけ金は、最低400円となる。

次に残りの600円を配分する。

同じように、②③についても総額のかけ金である1000円を上回る払いもどしになるようにする。

この場合、②③のかけ金は、最低200円ずつとなる。

残り200円であるが、④⑤については、このまま100円を賭けても、総額のかけ金である1000円を上回る。

まとめると①~⑤は以下のようにかけると、トリガミにならない。

①3.2 × 400円 = 1280円

②6.6 × 200円 = 1320円

③6.9 × 200円 = 1380円

④10.8 × 100円 = 1080円

⑤12.1 × 100円 = 1210円

もう1例として、今度は3点買いの場合。

①6.8

②12.8

③30.4

この3点について総額の資金が1000円だとすると、以下のように配分すれば均等配当となる。

①6.8 × 600円 = 4080円

②12.8 × 300円 = 3840円

③30.4 × 100円 = 3040円

ボックス買い

当たり前であるが、総額の資金=買う点数の場合、各買い目の資金を調整することはできない。

たとえば、馬連ボックス5頭買いで、資金が1000円の場合、5頭ボックスがすでに10点になるため、各買い目のかけ金は100円にならざるをえない。

このとき、10点の買い目の中に、配当が1000円を下回る(オッズが10倍を切る)ものがあれば、それはトリガミのリスクを抱えることとなる。

なので、本来はボックス買いは避けるべきである。

ただし、仮にその10点の買い目について、オッズが10倍を切るものが1点しかなく、それが5倍以上ならば、その買い目の購入金額を倍にすることで、トリガミのリスクはなくなる。

まとめ

要は、買い目が決まって、総額の資金が決まっているなら、あとはオッズとにらめっこ。

そして、自分で選んだ買い目の配当が、どうやっても総額の資金を下回る可能性があるならば、そのレースは買わないほうがいい。

なぜならトリガミになるから。

そのレースに賭けようとしていたお金は次のレースにつぎ込めばいい。

次のレースで資金が倍になれば、それだけ買い目のバリエーション・1点あたりの購入金額の調整もつけやすくなる。

もしかしたら配当も大きくなるかもしれない。

そうやって馬券を買っていけば、トータルで大きなマイナスになることはないだろう。