2018/12/1 阪神11R チャレンジカップの予想

スポンサーリンク

ややこしや〜

JRAの競馬番組編成。

昔から納得がいかないことが多いです。

コアな競馬ファンの気持ちを、まるでわかっていませんよね。

いや、コアなファンだけではありません。

ライト層にもわかりにくいことをしてくれます。

それが、

チャンピオンズカップ」と

チャレンジカップ

の同週開催。

こんなの、買い間違いを誘発しているだけに思えます。

好メンバーというより面白いメンバー

さて、そんなややこしいチャレンジカップの予想です。

名前はややこしいのですが、出走メンバーは多種多彩

決して抜けた馬がいるわけではなく、好メンバーとは言えない。

でも、何かが起きそうな面白いメンバー。

そんな感じがする一戦です。

新興勢力が台頭してきているのが理由でしょうね。

阪神2000mを考慮して

では、予想です。

◎はエアウィンザー

ご存知エアスピネルの弟。

期待されつつ、クラシックは棒に振る結果に。

ただ、ここに来て本格化した印象。

阪神芝2000mは[2.1.0.0]

M.デムーロ騎手なら[3.2.0.0]

近5走は[4.1.0.0]

まず大きく崩れることはないでしょう。

◯はマウントゴールド

準オープン勝ちのあと、早速重賞挑戦で3着。

その次のオープン特別でしっかり勝ち切る。

なかなかの芸当だと思います。

そもそも最近はほとんど大崩れしていない馬。

勝ちきれないレースが続いていた中での前走の白星。

これは今後の飛躍を感じさせます。

相手は一気に強化。

でも能力的には十分戦える馬だと思います。

▲はダンビュライト

前走は世紀の放馬。

呆然とする戸崎騎手が印象的でした。

ただ、あの放馬の印象で人気を落としているならラッキー。

実力はメンバー随一。

だってGII勝ち馬ですからね。

前々走オールカマーも強い相手に3着。

阪神芝2000mの実績もあります。

△はトリコロールブルー

前走はエアウィンザーに苦杯をなめました。

しかし今回はオープンクラスで[1.0.1.0]の阪神コース。

間違いなく条件は向くと思います。

岩田騎手とのコンビでも[1.0.1.0]

人気の盲点ではないでしょうか。

×はレイエンダ

偉大な兄・レイデオロ。

この馬も負けないくらい期待されています。

クラシックには出れなかったものの、ここまで[3.1.0.0]

ただ、一気に相手が骨っぽくなります。

調教もいまひとつの様子。

試金石の一戦です。

そういえば

去年のこのレース。

勝ったのはサトノクロニクルでしたが、5着に佐賀のスーパーマックスが入ったレースでしたね。

スーパーマックス、最近走っていませんが、どうしたのでしょうか。