2018/11/29 川崎11R 東京スポーツ霜月杯の予想

スポンサーリンク

ホウショウレイル、まさかの惨敗

今日(11/27)行われたローレル賞。

圧倒的1番人気に推されたホウショウレイルがまさかの敗戦。

勝ったのは瀧川寿希也騎手騎乗のアークヴィグラス

重賞4連勝となりました。

レースを見ていましたが、ホウショウレイルは、うーん、御神本騎手らしくない騎乗。

というより、ああいう雑な騎乗でも勝てると思ったのかもしれません。

スティールティアラもハナを譲らず、外目を回されたのもよくなった。

この敗戦をこの先、変に引きずらないといいんですが。

一方、勝ったアークヴィグラスは見事の一言。

距離の壁も克服して、この先の展望が開けました。

転出したホッカイドウ競馬の関係者も喜んでいるでしょう。

瀧川寿希也騎手もナイス騎乗でした。

とっても嬉しそうでしたね。

気を取り直して古馬のレースを予想

さて、木曜日のメインは東京スポーツ霜月杯。

2000mの準重賞戦になります。

抜けた馬がいない、混戦ムードが漂う一戦です。

復活の予感

さて、前置きも手短に、さっそく予想です。

◎はエスケイアリュール

この馬、けっこう前から注目しています。

好不調の波がはっきりしていて面白いんです。

連勝しだすと止まらないし、負けだすと止まらない。

連勝しだすときにはある程度予兆がある。

その予兆が前走富士見オープン(3着)でした。

これはまた連勝がはじまる予兆だと思います。

先買いしておきましょう。

○はガヤルド

僕、あまり斤量の決め方とか詳しくないんです。

なので、なぜこの馬が53キロなのかよくわかりません。

53キロなら大外枠でも狙っていきたいですね。

2走前に圧勝している舞台ですし。

前走もキングニミッツ相手に大負けしていないですし。

この条件がこの馬にとってベストだと思います。

▲はアルゴノート

すいません。

なぜこの馬も53キロなんでしょうか。

クラス分けの問題でしょうか。

ただ単にそれだけだとしたら、かなりここはチャンスでしょう。

最近は1600m前後を走っていますが、かつては2000mでも結果を残した馬。

距離延長も問題ないと思います。

ローレル賞を制して勢いに乗る瀧川寿希也騎手の手綱に期待です。

△はジャーニーマン

忘れたころに急に走る厄介な馬、という印象です。

好走と凡走を繰り返す、予想家泣かせの馬。

個人的な見方では、2000m前後が向いていると思いますので、今回の条件はベストでしょう。

サウスヴィグラス×アサティス。

うーん、ステキ。

ザ・地方競馬という血統です。

×はナンヨーマーク

赤岡騎手が乗らないなんて…。

とは思ってみたものの、よく見ると和田騎手騎乗でも成績は悪くありません。

川崎ははじめてですが、ハマると怖い存在。

ちょっと期待したいと思います。

ホウショウレイルが敗れたので

ホウショウレイルが敗れ、各地で期待していた無敗馬がことごとく敗れる始末。

残る希望は名古屋のエムエスクイーンですね。

ここまで6戦6勝。

明日、11/28のセレクトゴールドに出走予定。

相手は強くなさそうなので、確勝級だとは思います。

果たしてどんなレースを見せるのでしょうか。