2018/11/28 川崎11R ロジータ記念の予想

スポンサーリンク

歴史的名牝の誕生

ジャパンカップ。

アーモンドアイ、圧巻の走り。

2分20秒6という信じられないタイム。

走り終わっても飄々とした表情。

まさに圧巻の一言でした。

母はフサイチパンドラ。

現役時代、好きな馬でした。

そのフサイチパンドラからこんな馬が生まれるなんて…。

これぞ競馬の醍醐味ですね。

年度代表馬も決定!でしょう。

歴史的名牝の先駆け

さて、中央競馬で歴史的名牝の先駆けといえば、皆さんはどんな馬を思い浮かべますか?

僕はエアグルーヴですね。

ちょうど競馬を見始めた頃に活躍していたので、そんな印象なのかもしれません。

地方競馬では、現役時代をリアルタイムで見ていないけど、ロジータ。

15戦10勝。

牝馬ながら南関牡馬三冠、東京大賞典、川崎記念を制した名牝です。

ロジータの引退レースとなった川崎記念は、川崎競馬場から京急港町駅まで、人で溢れかえっていたと聞きました。

そんな歴史的名牝ロジータの名を冠したロジータ記念。

南関重賞のなかではもっとも格が高い「S I」に位置付けられています。

4度目の対決

さて、メンバーを見ると、この路線で火花を散らしてきた2頭が名を連ねています。

クレイジーアクセルとゴールドパテック。

ここ最近の3走はまったく同じ戦績。

結果はゴールドパテックの2勝1敗となっています。

ただ、ここ2走のタイム差はほぼありません。

実力的にはほとんど変わらないと思われます。

他のメンバーとの兼ね合いで、どういう位置取りになるか、次第でしょう。

両馬とも外枠に振られたのはちょっと不安要素ですかね。

乗り替わりがどう出るか

それでは予想です。

◎はクレイジーアクセル

逃げ馬ですが、戦績が安定していますね。

スピードがあって、強い馬の証拠だと思います。

牡馬相手の戸塚記念で3着。

そのときと同じコースです。

同型馬が複数いて、しかもその馬たちより外枠。

このあたりの兼ね合いがポイントになりそうです。

鞍上・御神本騎手の手綱に期待です。

○はゴールドパテック

ダートグレードレース・関東オークスで2着。

戦績的にはこちらを上に据えるべきかもしれません。

ただ、今回は内枠有利な川崎で大外枠。

そして、前走で結果を出している瀧川騎手から山崎騎手に乗り替わり。

もともと山崎騎手が乗っていた馬とは言え、このあたりが気になります。

▲はクロスウインド

南関に移籍して3戦目となります。

前走はややちぐはぐな競馬。

参考外としていいでしょう。

北海優駿(2000m)の2着がありますので、距離は問題なし。

2強の一角を崩すとすればこの馬だと思います。

△はファーストスキップ

ここまで8戦5勝。

強い相手とはまだ対戦していませんが、底を見せていないのは魅力的。

前走も後続を1.5秒も離す圧勝。

アッミラーレ×アフリートですから、距離もむしろ長い方がいいでしょう。

×はタオルデスカーフ

面白い馬名ですね。

ただ、血統は筋が通っています。

祖母はサワヤカプリンセス。

ということは叔父にデュランダルがいるという良血。

南関転入後は馬券外なし。

血統的に距離が微妙ですが、この馬も底を見せていない魅力があります。

ロジータ級の名馬?

このロジータ記念が行われる前の日にはローレル賞が行われます。

ジャパンカップを制したのは怪物牝馬アーモンドアイ。そのアーモンドアイとステージは違いますが、次世代の怪物と呼ばれている馬が川崎・ローレル賞に出走します。

そこに出走するホウショウレイル。

この馬はロジータ級になる可能性を秘めている馬だと思います。

来年のいまごろ、このロジータ記念を走っている馬になるかもしれませんね。