2018/11/15 門別12R 道営記念の予想

スポンサーリンク

門別競馬の総決算

今年の門別競馬はいろいろありました。

なんと言っても、地震による中止

一時は今年の開催が危ぶまれました。

それでも、この道営記念で、なんとか全ての開催をやり切りました。

ひとえに、関係者の努力の賜物でしょう。

そして、北海道2歳優駿での誤審

これは前代未聞の出来事でした。

なんとなく下火になった感はありますが、本質的には収まってません。

馬券の払戻はどうするのでしょうか。

来年度に課題を残した終幕となりそうです。

オーラス・道営記念

さて、その門別競馬のフィナーレは道営記念。

ファン投票により選出された馬による競走です。

門別版・有馬記念といったところでしょうか。

その名にふさわしい馬たちが揃いましたね。

古馬完全制覇なるか

しかし、その精鋭揃いのメンバーでも、ひときわ輝きを放っているのがスーパーステション

ここまで、門別で開催される古馬中距離重賞を全部制しています。

この道営記念を制すと、なんと古馬中距離重賞完全制覇となります。

これは凄い記録です。

南関でもがいていたスーパーステションはどこに行ってしまったのでしょうか。

よほど南関の水が合わなかったのか。

それとも門別の水が合うのか。

はたまた、南関と門別のレベルの差か…。

太刀打ちできる馬はいるか

そんな疑問の一つの答えとなりそうなのが、前走・瑞穂賞。

ここまで圧勝を続けてきたスーパーステションですが、なんとこのレースは2番人気。

その原因は、東京ダービー馬・ハッピースプリントの存在。

かつて、ダートグレードレース・浦和記念を勝ち、帝王賞やかしわ記念で3着に入ったハッピースプリント。

近走こそ成績は奮いませんでしたが、門別転入初戦を圧勝していました。

2戦目となった瑞穂賞では、1番人気に推されたハッピースプリント。

しかし、勝ったのはスーパーステションでした。

しかも2着に2.0秒差をつける圧勝。

ハッピースプリントは4着に終わりました。

この差を見る限り、よほど体調を崩していない限り、スーパーステションの優位は変わらないでしょう。

軸は間違いない

それでは予想です。

◎はスーパーステション

この馬を外した予想を立てる方が難しい。

ほとんどの馬と勝負付けが済んでいます。

ここは古馬重賞完全制覇を達成して、また南関や中央に挑戦してほしい。

そんな風に思います。

堅軸でしょう。

◯はドラゴンエアル

ダートグレードレース、マーキュリーカップで4着。

この馬も相当強い馬です。

しかし、生まれた年代が悪かった。

スーパーステションさえいなければ、という馬です。

ただし、スーパーステション以外のほとんどの馬には圧勝してます。

二番手評価で妥当だと思います。

▲はタービランス

かつて羽田盃を制したことのある実力馬。

南関オープンクラスでも上位に入線していましたが、門別に転入してきました。

転入後は、2戦して今のところ負けなし。

まだ底を見せていません。

門別で叩き出したタイムが、やや劣るもの。

よって強気にはなれません。

ただ、スーパーステションやドラゴンエアルとは未対戦。

未知の魅力があります。

△はセンコーファースト

マイネルキッツの弟にあたります。

相手なりに走る安定した成績が持ち味の馬。

持ちタイムも悪くありません。

さすがに上位との差はありそうですが、大負けもしない印象。

展開次第では上位に食い込むこともあるとみて、この評価です。

×はハッピースプリント

一番頑張ってほしい馬はどの馬と聞かれたら、この馬を挙げるでしょう。

まだまだ走れます。

もう一度輝きを取り戻してほしい。

前走よりもプレッシャーはかからないはず。

楽に先行できるかがポイントになりそうです。

地方競馬のゆくえ

ところで、地方競馬に悲しいニュースがまたひとつ。

禁止薬物が相次いで検出された岩手競馬。

新たに禁止薬物が検体から検出され、これで4頭目の発覚となりました。

ここまで短期間に、しかも4頭中3頭が同じ厩舎から検出されたということ。

発覚した厩舎は、別にリーディング上位でもないこと。

そして、賞金の低い地方競馬の下級条件で発覚したこと。

岩手競馬が単年度で赤字を出した時点で廃止になること。

こういう諸条件を踏まえると、岩手競馬を廃止させたい何者かの犯行としか思えません。

そんなこと、あっていいのでしょうか。

もしこれがきっかけで岩手競馬が廃止になったら…。

考えたくもないですが、もしそうなったら、悲しすぎませんか?

馬にはなんの罪もありません。

その馬たちの活躍場所が奪われる。

馬に携わる人たちの雇用が失われる。

こんなこと、許されるものではない。

大げさかもしれませんが、僕からしたら、犯人は万死に値すると思います。

岩手競馬だけの問題ではない

そして、今回の事象は、岩手競馬だけの問題ではありません。

悪意を持った犯人が、馬の餌に薬物を混ぜる。

こんなこと、どこの競馬場でも起こりうることです。

中央競馬だって例外ではありません。

競馬を愛する者として、こんなことは絶対に許さないし、許されないと思ってます。

とにかく、早く犯人を捕まえて、真相を明らかにしてほしい。

切にそう思います。