2018/11/11 京都11R エリザベス女王杯の予想

スポンサーリンク

ひとつめのイベント終了

今週末のイベント。

まず、子供の運動会終了。

終了、といいつつ、次の予定があるので、後ろ髪を引かれつつ途中抜け。

奥さんの冷たい視線を感じました…。

ただ今、次のイベントに向け移動中です。

暑い…

さて、まだ土曜日の午前中が終わったばかりですが、思いのほか暑いです。

11 月とは思えない気候ですね。

昨日降った雨による馬場の回復も、明日になれば進むかもしれません。

混戦模様のエリ女

さて、これから予想したいのはエリザベス女王杯。

三冠牝馬アーモンドアイがジャパンカップに向かうことになりました。

前哨戦・府中牝馬ステークスを勝ったディアドラも回避して香港。

俄然、混戦模様となりました。

人気馬は大丈夫?

今のところ人気を集めているのは、

  • ノームコア
  • モズカッチャン
  • レッドジェノヴァ
  • リスグラシュー
  • カンタービレ

あたりですね。

どれも近走で結果を残している馬ばかり。

でも、どの馬も臨戦過程に疑問符がつきます。

往々にして、こういう時は荒れると思います。

なので、近走成績に関係なく、実力重視で予想したいと思います。

馬齢は無視して…

さて、早速予想です。

◎はスマートレイアー

正気か?と言われそうですが、正気です。

今年に入って成績は奮いません。

ですが、戦ってきた相手が牡馬ばかり。

厳しいレースをした結果です。

昨年のこのレースは6着ながら、勝ち馬から0.3秒差。

大負けはしていません。

牝馬同士なら実力は一番だと思います。

手綱が乗り慣れた武豊騎手に戻ったのも大きいですね。

◯はレッドジェノヴァ

前走は牡馬相手の京都大賞典で差のない2着。

1着がサトノダイヤモンドですから、この馬の力があるところは証明されたと思います。

これまで徹底的に長いところを使われてきました。

そして結果を確実に残してきました。

今回のこの舞台はどの馬よりも適性があると思います。

▲はモズカッチャン

昨年のこのレースの勝ち馬。

その後、京都記念を使って4着。

ドバイシーマクラシックで6着。

休養を挟んだ札幌記念で3着。

府中牝馬ステークスを熱発で使えずにここに臨んできました。

正直、臨戦過程はイマイチだと思います。

その分、評価を下げましたが、能力としては上位の馬です。

△はカンタービレ

秋華賞は着狙いの騎乗で3着。

いろいろな意見がありますが、僕はあの状況では正しい判断だったと思います。

今回は人気の一角。

一発を狙えない状況でどういうレースをするか、楽しみです。

×はリスグラシュー

能力的には高い馬だと思います。

ですが、距離はマイル前後がベストだと思います。

2200mはモレイラ騎手の腕をもってしても難しいかと。

馬券内はあり得るので印は打ちました。

ルメールは?

さて、絶好調のルメール騎手が乗るノームコア。

今回は無印にしました。

中山のような急坂があるコースならいいと思います。

しかし、この舞台設定はいくらルメール騎手でも厳しいかと。

まあ、ある意味、ルメール騎手の腕の見せどころかもしれませんが…。