2018/11/11 佐賀12R 佐賀オータムスプリントの予想

スポンサーリンク

次々に有力馬が地方に移籍

先週から今週にかけて、中央の有力馬の地方移籍が報じられました。

まずは佐賀へ移籍が決まったグレイトパール。

未完の大器というべきか、悲劇のプリンスというべきか。

順調にいっていれば天下が獲れた馬だと思いますが。

運がなかったですね。

それにしても、南関ではなく、佐賀とは・・・。

ちょっと意外でした。

そして、今週もっとも驚かされたのは、サウンドトゥルーの南関移籍。

タイミング的に仕方ないのかな、という思い。

この実績で南関はちょっと反則なんじゃないか、という思い。

そして、この調教助手さんの話を聞いてしまうと・・・。

いま、いろいろあって涙腺が弱っている僕。

ちょっとこの話はやめてもらいたいです・・・。

グレイトパール襲来でカイザー軍団に影響?

さて、グレイトパールが移籍する佐賀競馬。

僕が勝手に「カイザー軍団」と呼んでいる馬たちがいます。

一頭はウルトラカイザー。

2010年に佐賀でデビューしてから今年で丸8年。

55戦32勝。

ほぼ佐賀で無双状態の馬です。

そしてもう一頭がキョウワカイザー。

こちらは中央デビューの馬ですが、ウルトラカイザーと並ぶ無双ぶり。

こちらは74戦35勝の馬です。

この2頭、佐賀で重賞があると、ほとんどと言っていいほど出走しています。

佐賀の重賞の馬柱を見るたび、「またいるよ~」と思っちゃいます。

そんなカイザー軍団ですが、グレイトパール移籍でどうなるんでしょうか。

グレイトパールvsカイザー軍団。

うーん、ちょっと佐賀競馬が面白く思えてきました。

ウルトラカイザー出走!

さて、そんなカイザー軍団の親分格、ウルトラカイザーが佐賀オータムスプリントに出走します。

最近のウルトラカイザーは1400m戦で結果を残していますね。

かつては2000m前後を中心に活躍していたんですが。

ここも中心の一頭になるでしょう。

ただ、そのウルトラカイザーに最近先着している馬も、このレースに出走します。

さあ、どうなるんでしょうか。

一騎打ちに期待

では予想です。

◎はウルトラカイザー

何の変哲もない予想ですいません。

10歳馬ですが、やっぱりこのメンバーで、1400mならこの馬だと思います。

この馬、佐賀の1400m戦は、2011年にラブミーチャンの3着に敗れた以外は、連を外していません。

このコースで12勝も挙げています。

逆らうほうがちょっと難しいと思います。

○はシゲルクロマグロ

前走、佐賀の1400mでほぼ無敵のウルトラカイザーに勝ちました。

この馬自身、中央から佐賀に転入して、1400m戦で馬券外になったのは、19戦して3回のみ。

ウルトラカイザーに負けじと劣らない1400m巧者です。

前走に引き続き、ウルトラカイザーとの一騎打ちに期待です。

▲はキングプライド

こちらも佐賀を代表する一頭です。

1800m戦あたりを中心に、カイザー軍団の片割れ・キョウワカイザーと死闘を繰り広げてきました。

今回は5月以来の一戦で、距離も得意の1800m前後ではなく1400m。

上記の2頭とはちょっと条件面で劣ると思いますが、力はある馬です。

復活を期待したいところです。

それこそ、グレイトパールの好敵手になりそうですね。

佐賀競馬って面白いかも・・・

正直佐賀競馬って、今まで興味があまり持てませんでした。

なんかやたら重賞が多いし、その割には賞金低いし。

騎手も勲か鮫島パパくらいしか知らないし。

コースにもあまり特徴がないし・・・。

でも、こうやって予想をしてみると、佐賀競馬って馬の個性が強い気がします。

カイザー軍団しかり、中央にもよく参戦しているスーパーマックスしかり。

興味深い、魅力的な馬がいますね。

もっと深堀していけば、もっと楽しめるのが佐賀競馬かもしれません。