2018/11/4 京都12R JBCレディスクラシックの予想

スポンサーリンク

大事件発生

今日は競馬界をゆるがす大事件が発覚しました。

昨日の北海道2歳優駿で、1着馬と2着馬の誤審が発生しました。

判定写真を見てしまうと、明らかにイグナシオドーロが勝ってますね。

どうしてこんなことが起きてしまったのでしょうか。

ウィンターフェルに本命を打っていた者としては正直複雑な思いです。

今年の門別ラストダートグレードレースは、北海道2歳優駿。中央馬が勝ったり、地方馬が勝ったりしていますが、それぞれの傾向から勝ち馬を追ってみました。

門別競馬は今年ふんだりけったりですね。

ただ、ひとつ言えるのは、中央勢相手に、ウィンターフェルもイグナシオドーロもよく頑張った、ということ。

それだけ、熱いレースだったということでしょう。

(そもそもイグナシオドーロ買っていないので、冷静でいられる・・・)

3レース中もっとも難解

せっかくダートレースの最高峰・JBCの前だというのに、この誤審騒動で話題が持っていかれるのは癪なので、しっかりJBCレディスクラシックの予想をしたいと思います。

それにしてもこのレース、JBC3レース中、もっとも難解ですね。

抜けた馬がいませんね。

ちょっと荒れるかもしれません。

巻き返しに期待

さて、早速ですが、予想です。

◎はクイーンマンボ

前走、大井のレディスプレリュードは1番人気ながら7着。

レース後は、「終わったのではないか」なんてことも言われていました。

ただ、この1レースのみでその判断をするのはどうかと。

まだ12戦しかしていない馬。

まだ伸びしろや引き出しがあると思っています。

絶好調のC・ルメール騎手を鞍上に、馬体重が絞れるとなお良いですね。

○はアンジュデジール

大外枠を引いてしまいましたね。

その分は割引かと思いますが、実績的にはダートグレードレース3勝の実績馬。

ダート戦では、掲示板を1度も外したことがない堅実派。

大外枠で無欲の走りができれば、怖い存在だと思います。

▲はプリンシアコメータ

昨年、大井開催のこのレースで2着。

その後もダートグレードレースを2勝しており、実績はピカイチ。

鞍上は昨年のこのレース以来のコンビとなる武豊騎手。

ただ、今回と同じレース条件となる平安Sで大凡走しているのが気になります。

そういう意味で3番手評価としましたが、勝ってもおかしくはないと思います。

△はブランシェクール

メンバーの中では実績が足りない印象。

重賞すら勝っていません。

ただ、今日(金曜日)の大井で3勝を挙げた、鞍上御神本騎手が気になるところ。

こういうとき、本気を出す騎手だけに、しっかり押さえておきたいと思います。

×はラビットラン

ダート転向後3戦目となります。

門別・川崎とこなしてきて、[1.0.1.0]という結果。

これでは、地方のダートが適しているかどうかもわかりません。

もしかしたらバケモノ級なのかもしれませんし、そうでないかもしれません。

ただ、鞍上はデムーロ騎手。

そろそろ調子を上げてくる頃ではないでしょうか。

一発があるならこの馬でしょう。

他にも推したい馬が多数

正直、上に挙げた馬以外にも、押さえておきたい馬が多くいます。

どんな予想の角度からも予想ができるレースだと思います。

今回、まだ馬券の買い目はさらすことができませんが、これだけの混戦模様のレースですから、馬券は手広く、ボックス買いがいいような気がしますね。