2018/11/4 京都11R JBCクラシックの予想

スポンサーリンク

メインはクラシック

JBC競走のメインを飾るのは、クラシックですね。

京都競馬場の1900mコースを使って行われます。

展開を占う

京都競馬場の1900mは、当たり前ではありますが、1800mより100m長いので、1コーナーに入るまでに余裕があります。

なので、あまり先行争いにはなりません。

ただ、そこですんなり行かしてしまうと、後方組は追いつけない、ということになります。

京都1900mは逃げや先行が有利なコースなのです。

的場文男登場

さて、JBC競走が京都で行われること自体、かなりレアなことですが、それ以上にレアなことが。

大井の帝王・的場文男騎手が、シュテルングランツでJBCクラシックに騎乗。

的場騎手が京都に来るなんて、ホントに珍しいことですね。

シュテルングランツ自身は、しばらく中央で伸び悩んでいましたが、地方にきて、文男さんに会って、馬が変わりました。

もう昔のシュテルングランツではないと思いたいですね。

ともあれ、人馬とも無事に帰ってきてほしいです。

そのほか、クリソライトが1年2か月ぶりに復帰。

こちらも無事に戻ってきてくれるといいですね。

ケイティブレイブは絶対か

なんとなく、前々日の雰囲気ですが、クラシックに関して言えば、ケイティブレイブが抜けた雰囲気になっています。

まあ、ゴールドドリームもルヴァンスレーヴもいませんからね。

実績的には確かにこの馬の右に出る馬はいないかと。

でも、そんなに簡単にいきますかね?

勢いを買う

では、予想です。

◎はオメガパフューム

ジャパンダートダービーはルヴァンスレーヴに0.3秒差。

古馬相手のシリウスS1着。

斤量は古馬より2キロ軽い。

となると、勝ち負けではないでしょうか。

この馬、デビュー以来馬券外になったことがない堅実派。

軸としては最適とみました。

○はサンライズソア

シリウスSではオメガパフュームに敗れましたが、今回と同じ京都1900mの重賞・平安Sは快勝。

コースは違いますが、名古屋の1900m戦も勝っていますから、距離適性としてはこの馬が一番だと思います。

そして何よりも怖いのは鞍上。

絶好調、クリストフ・ルメール騎手です。

一発があってもおかしくはありませんね。

▲はケイティブレイブ

1800m以上ならば、まず大崩れしないのが持ち味。

なんと、1800m以上で、掲示板を外したことがない、という経歴です。

ただ、1800m以上で唯一5着に敗れたのが、まさに京都の1900mということがやや気になります。

福永騎手は相当自信を持っているようですから、その自信がいい方向に向いてくれるでしょうか。

△はノンコノユメ

今年のフェブラリーSを制しているように、実績は織り込み済み。

ただ、最近走っていなかった右回りということで、一抹の不安が。

まあ、3歳時に走って、勝っていますがね。

それよりも、今回、先行馬多く、ペースが速くなる見通し。

それがこの馬にとって向いていない展開になるのでは、と思い、この評価としました。

×はカツゲキキトキト

すいません。これは予想というよりも、もはや応援に近い。

キトキトは、彼が3歳のころから応援してきました。

手が届きそうで届かない、ダートグレードレース馬の称号。

それを一気に最高峰のレースでかなえてしまえ、という願望込みとお考え下さい。

もちろん、全力で応援します。

他にも有力馬多数

それにしても、クラシックは豪華メンバーですね。

印は打ちませんでしたが、サウンドトゥルー、テイエムジンソク、アポロケンタッキーといった古豪も控えています。

かなり熱いレースが繰り広げられるのではないでしょうか。