【地方競馬予想】東海桜花賞(2022年4月8日 名古屋11R)

01_予想01_地方競馬04_名古屋競馬

さあ、いよいよ今週、新・名古屋競馬場がオープンします。

今までの名古屋競馬場から遠く離れた弥富市に新・名古屋競馬場はあります。

先日、その弥冨付近を通過して名古屋方面に向かったのですが、けっこう距離がありますね。

そもそも

名古屋市にないのに名古屋競馬って名乗っていいのか?

という疑問もわいてきますが、

千葉にあるのに東京ディズニーランド

とか、

千葉にあるのに東京ドイツ村

とか、先行事例はたくさんありますので、問題ないでしょう。

さて、そんな新しい名古屋競馬場のオープニングで、さっそく重賞が組まれています。

第62回東海桜花賞です。

地方全国交流の一戦ということもあって、

ホッカイドウ競馬から1頭

高知競馬から1頭

川崎競馬から1頭

兵庫競馬から2頭

が参戦しています。

1着賞金は800万ということで、地方全国交流にふさわしい高額ですね。

そして、出走メンバーの中に

カツゲキキトキト

の名前が!

いやあ、おそらくここに出てくるだろうとは思っていましたが、うれしいですね。

きっとこのレースに照準を合わせてきたのだと思います。

メンバーはかなり充実していますから、厳しいレースになることは間違いありませんが、彼らしい走りを期待します。

その、気になる出馬表はこちら

いつもですとここで、

昨年の振り返り

から入り、続いて

開催されるコースの傾向分析

と続けていくのですが、いかんせん、はじめてレースが行われるコース。

データなんて何もありません。

しばらく名古屋競馬の予想をするときには、この問題が付きまといそうですが、仕方ないので今回は、

出走各馬の分析

をちょっと普段より念入りに行って、軸馬を絞り込んでいくことにしましょう。

コメント