【地方競馬予想】スプリングカップ(2022年2月15日 名古屋10R)

01_予想01_地方競馬04_名古屋競馬

今回予想するのは、名古屋の重賞、第47回スプリングカップです。

名古屋競馬場と言えば、もうすぐ移転ですね。

現・土古での最終開催は3月8日~3月11日。

弥冨の新競馬場での開催開始はまだ正式発表されていませんが、4月上旬とのこと。

新競馬場での開催が待ち遠しい一方、現競馬場での開催が残りわずかというのはさみしい限り。

予想をする側としては、今までのコースデータがまったく使えなくなるのは痛いところ。

しばらくはレースをよく見て、早く傾向をつかみたいところですね。

さて、現・名古屋競馬場で行われる最後のスプリングカップですが、距離は1800m。

新しい競馬場のコース形態は、現行の800mが900mに。

現行でもっともレースが多く行われている1400mが1500mに。

クセのある1600mは1700mに。

名古屋大賞典や東海ダービーなど大レースで使われる1900mは2000mに変更になると言われています。

1800mコースは残るのでしょうか・・・。

1着賞金は500万円です。

出走は12頭。

出馬表はこちら

昨年はブンブンマルが制したスプリングカップ。

まずは昨年のレース回顧から予想をはじめましょう。

コメント