【地方競馬予想】園田ジュニアカップ(2021年12月31日 園田11R)

01_予想01_地方競馬07_園田競馬

今回の記事が2021年最後の予想記事になると思います。

今年も「ほぼ毎日競馬」をご覧いただきまして、誠にありがとうございました。

ほぼ毎日、をうたっておきながら、全然毎日予想を出せない日々が続き、葛藤を抱えながらの運営でした。

来年になってもペースは上がらないと思いますが、自分のペースで予想していきます。

引き続きのご愛顧、よろしくお願いします。

さて、今年最後の予想記事をどのレースにしようか、ちょっと迷いました。

候補は3つ。

  • 水沢の桐花賞。
  • 笠松の東海ゴールドカップ。
  • 園田の園田ジュニアカップ。

全部予想すればいいじゃないか、と言われればそれまでです。

ただ、一球入魂じゃないですけど、

一場入魂

で予想をしたいな、と思って、どれかひとつに絞ることにしました。

桐花賞は、一番レースとしては格が高く、予想を出すべきレースかな、とも思いました。

ただ、やっぱり僕は岩手を知らないんですよね。

いや、ヒガシウィルウィンは良く知っています。

エンパイアペガサスも知っています。

ツクバクロオーも高知で走っていたので知っています。

馬はわからないこともないんですが、水沢の特徴とか、騎手の性格とか、そういうのがわからないんですよね・・・。

なので、桐花賞はパス。

笠松は混戦模様で、予想のし甲斐がありそうなもんですが、笠松もまあ、なじみが薄いんですよね・・・。

なんとなく、予想する気にならない・・・。

2歳戦とかなら、戦績をさかのぼりやすいので、予想する気になるんですが・・・。

そんなわけで、消去法で園田ジュニアカップになりました。

出走メンバーを見ると、大外に4戦4勝馬がいますね。

この馬をめぐっての争いになることは必至。

まずは、舞台となる園田1700mの分析から入ることにしましょう。

コメント