【地方競馬予想】東京2歳優駿牝馬(2021年12月31日 大井10R)

01_予想01_地方競馬03_南関競馬

いよいよ暮れも押し迫ってきました。

中央競馬は今日28日で終わり。

中山の最終日にはヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンドが行われました。

第1戦を制したのは金沢の魚住謙心騎手。

第2戦を制したのは佐賀の飛田愛斗騎手。

どちらも見事な騎乗ぶりでしたね。

前日27日に行われた大井ラウンド第2戦では、落馬事故がありました。

落馬した4人はみな地方競馬の騎手。

このうち、3人は中山で騎乗ができませんでした。

3人の無念を思うと胸が痛みますが、そのうっぷんを同じ地方競馬の仲間たちがいくぶん晴らしてくれたのではないでしょうか。

総合優勝は大井第2戦と中山第2戦を勝利した飛田愛斗騎手。

飛田騎手は、とにかくセンスがいいですよね。

仕掛けどころがいいなと思って普段の佐賀のレースを見ています。

あとはコース取りでしょうかね。

とにかくセンスがいいという言葉に尽きます。

今回のYJS優勝でその名が全国にとどろいた飛田騎手。

来年はミスターほとんどパーフェクト・山口勲騎手の佐賀リーディングの牙城を崩せるか、大いに注目したいと思います。

好メンバーがそろった東京2歳優駿牝馬

さて、今回予想するのは大井競馬の年内最後の重賞となる、第45回東京2歳優駿牝馬です。

距離は1600m。

1着賞金は2000万円です。

出走は16頭。

出馬表はこちら

出馬表をパッと見ると、

おお、なかなかいいメンバーがそろったな

という印象です。

早速、昨年のこのレースの振り返りからみていくことにしましょう。

コメント