【地方競馬予想】園田金盃(2021年12月2日 園田11R)

01_予想01_地方競馬07_園田競馬

11月28日(日)はラストラン・ライドが相次ぎました。

中央競馬では、コントレイルがジャパンカップでラストランを飾り優勝。

地方競馬では、高知の別府真衣騎手がラストライド。

佐賀では吉田順治・鮫島克也・真島正徳の3騎手がラストライドとなりました。

時の流れとはいえ、寂しい限りですね。

また、年末にかけて引退発表が相次いでいます。

ジャパンカップに出走がかなわなかったカレンブーケドールは引退。

ジャパンカップで見せ場を作ってくれたキセキは有馬記念で引退。

すでに発表になっていますが、クロノジェネシスも有馬記念で引退です。

こういう引退が重なるときって、寂しいな、来年はどうなるんだろうかと不安になるんですが、そこは競馬のいいところ。

引退が相次いでも、また新たなスターが出てきて、盛り上げてくれるのが競馬。

コントレイルやクロノジェネシスに次ぐ、新たなスター誕生を期待しましょう。

1着賞金3000万!園田金盃

さて、今回予想するのは、園田の重賞、第64回園田金盃。

距離は1870m。

1着賞金はなんと3,000万円!

へたなダートグレードレースよりも高額な地方重賞レースです。

ファン投票を経て出走となったのは12頭。

出馬表はこちら

それでは昨年のこのレースの振り返りからみていくことにしましょう。

コメント