【地方競馬予想】笠松グランプリ(2021年11月24日 笠松10R)

01_予想01_地方競馬05_笠松競馬

いやあ、笠松のレースを予想するのって、いつぶりだろう?

まったく思い出せません。

調べてみたら、今年1月の白銀争覇以来のようですね。

思ったよりも、時間が経っていなかった・・・。

でも、この間、笠松競馬にはいろんなことがありましたね。

改めて書くまでもないですが、再開されたのは9月8日。

今のところ順調に開催できているようです。

そんな中で開催される、笠松競馬最高賞金のレース、第17回笠松グランプリを予想していくことにします。

1着賞金は1,000万円の全国交流レース。

過去の勝ち馬を見ると、そうそうたる顔ぶれが並んでいます。

今年は12頭がエントリー。

南関から2頭、門別から1頭、兵庫から1頭、高知から1頭。

同じ東海地区から愛知の馬が2頭参戦します。

出馬表はこちら

それでは、笠松グランプリの舞台となる、笠松1400mの分析から予想をはじめたいとおもいます。

コメント