【地方競馬予想】ダービーグランプリ(2021年10月3日 盛岡11R)

01_予想01_地方競馬02_岩手競馬

10月3日(日)は忙しい日になりそうです。

中央競馬ではスプリンターズステークス

海外では凱旋門賞

そして、地方競馬では、盛岡競馬場で第34回ダービーグランプリが行われます。

この中で僕が一番楽しみにしているのは、もちろんダービーグランプリ

とにかく今年のメンバーは凄い!

出馬表はこちら

ジャパンダートダービーを制したキャッスルトップを筆頭に、

そのキャッスルトップを戸塚記念で下したセイカメテオポリス

大井・黒潮盃の勝ち馬ジョエルに、東京ダービー2着のギャルダル

あと少しで南関牝馬3冠達成に迫ったケラススヴィアも出走します。

さらには菊水賞を制し、兵庫ダービー2着、金沢MRO金賞を制して西日本ダービー2着のシェナキング

金沢のサラブレッド大賞典を牝馬ながら制したベニスビーチに、東京湾カップでギャルダルを寄せ付けなかったギガキングも参戦。

さらにさらに門別からは、昨年のJBC2歳優駿の勝ち馬で、今年門別3冠を制したラッキードリームに、その好敵手・リーチも出走。

迎え撃つ地元・岩手からは不来方賞で圧勝したマツリダスティールが出走。

いや、これはヤバイですね(語彙力不足

この文章を書いているだけで興奮してきます。

こういうのがダービーグランプリですよ!

これぞグランプリですよ!

そして、その素晴らしい面々に花を添えるのがジョッキー陣。

全国リーディング1位森泰斗騎手に、2位吉村智洋騎手。

さらには南関リーディング3位の矢野貴之騎手に、ホッカイドウ競馬リーディングの石川倭騎手。

ビッグレースにとことん強い吉原寛人騎手や御神本訓史騎手。

地元からは、こちらもリーディングジョッキー・村上忍騎手が参戦。

ほかにも、名手と呼ばれる騎手が複数いて、月並みの言葉ではありますが、

「豪華」

としか言いようがない面々です。

大変前置きが長くなってしまいましたが、そんな好メンバーがそろったダービーグランプリを早速予想していきたいと思います。

いかんせん、盛岡2000mは施行回数が少なくて、コースのデータ分析は難しいため、各馬分析を念入りに行っていきたいと思います。

コメント