【地方競馬予想】戸塚記念(2021年9月15日 川崎11R)

01_予想01_地方競馬03_南関競馬

12日の日曜日にフランス・ロンシャン競馬場で行われた、凱旋門賞の前哨戦・フォワ賞。

日本から挑戦したディープボンドが見事に勝利を収めました。

日本馬のレベルは確実に上がっていますが、それでも異国の地で日本馬が勝つのは大変なこと。

本番がどうであれ、まずはこの勝利を祝したいと思います。

ところで、ディープボンドの勝利で改めて思わされるのは「適性」

おそらくディープボンドはロンシャンの馬場が合うのでしょうね。

この「適性」を見抜けるかどうかが、その馬の一生を決めると言っても過言ではありません。

地方競馬を見ていると、中央のダートでまったく歯が立たなかった馬が、地方にきて覚醒、中央からの転入馬を打ち負かす、なんてシーンをよく目にします。

逆に中央の芝重賞勝ち馬が、地方のダートにきて、見るも無残な成績、というケースもよく目にします。

馬にとって最適な環境、最適な条件を走らせることこそ、調教師をはじめとした陣営の力なのかもしれません。

高額賞金!戸塚記念

さて、今回予想するのは、川崎の3歳重賞、第50回戸塚記念。

距離は2100m。

1着賞金は3000万円と、ダートグレードレース顔負けの高額賞金レースです。

出走は11頭。

出馬表はこちら

高額賞金ということもあってか、選りすぐりのメンバーがそろいましたね。

今後を占う意味でも、非常に楽しみなレースです。

それでは昨年のこのレースの振り返りからみていくことにしましょう。

コメント