【地方競馬予想】西日本ダービー(2021年9月14日 名古屋11R)

01_予想01_地方競馬04_名古屋競馬

西日本ダービー 高知所属馬の分析

続いて高知競馬から参戦する2頭の分析です。

①ブラックマンバ

2歳時に重賞・金の鞍賞を制し、一躍世代トップとなるかと思いきや、ハルノインパクトという強敵が立ちはだかる。

重賞・準重賞でも好走はするものの、常にハルノインパクトの後塵を拝してきた。

ただ、7月に行われた準重賞で、ハルノインパクトを撃破。

前走、黒潮菊花賞では先着を許したものの、高知競馬のこの世代のトップクラスであることは疑いない。

ただ、やはり実績を見る限りでは、1300m~1400m戦がもっとも力を発揮できる距離。

トリッキーで慣れない名古屋の1900mは、この馬向きではないように思える。

最内枠を利して、ちょっと工夫を凝らした競馬を進めないといけないだろう。

⑦リュウノワシントン

失礼ながら、なぜこの馬が出走してきたのかは疑問。

通算成績も1勝で、現クラスはC3クラス。

いくら高知競馬がレベルアップしているからといって、C3クラスの馬が地区交流レースに出てきて上位争いできるほど、レベルが突出しているわけではない。

出るからには好走してほしいし、そのカギはやはりペース。

ハイペースで前が崩れる展開になれば、着狙いの走りはできるかもしれない。

苦戦は必至。

コメント