2018/9/20 園田10R 園田プリンセスカップの予想

スポンサーリンク

期待馬が出走

9月も後半になってくると、中央も地方も注目の2歳戦が多く組まれるようになってきます。

今回注目したいのは、園田の2歳牝馬の重賞・園田プリンセスカップです。

距離は1400m、頭数は11頭です。

このレース、以前にこのブログで紹介した、注目の2歳馬が出走します。

金沢のワンモアグローリーです。

もう少し地元でレースに出るのかな、と思っていたのですが、いきなりの園田挑戦。

これはなかなか面白い展開だと思います。

ワンモアグローリーはどれくらい強いのか

さて、そのワンモアグローリーですが、これまで3戦3勝。

3勝ともすべて大差勝ち。

初戦3.6秒差、2戦目2.4秒差、3戦目2.9秒差という、いくら金沢競馬でもありえない大差です。

まあ、着差だけならば相手が弱かったという可能性がありますが、この馬はタイムの裏付けがあります。

前走の準重賞・くろゆり賞の1400m走破タイムは1.30.2(良)。

これは、2歳戦の良馬場としては破格のタイムです。

金沢の1400m戦で同じくらいのタイムとなると、古馬のAクラスで1分30秒台半ば程度ですから、これと同等ということになりますね。

つまり、2歳にして、すでに古馬のトップクラスと同等のタイムをたたき出しているということになります。

地元勢は?

では、対する園田の地元勢はどうでしょうか。

戦績から見ると、3戦2勝のリリコ、そのリリコに敗れているものの4戦3勝のアヴニールレーヴあたりが中心となりそうです。

ただ、どちらの馬も、タイムだけ見ると、そこまで特筆すべきレベルの内容ではありません。

ワンモアグローリーと同様、古馬のクラスに当てはめて比較してみると、どちらも古馬C3クラス程度の走破タイムです。

地の利を活かしてどこまで戦えるかだとは思いますが、ワンモアグローリーの逆転までは難しいと思われます。

門別勢はどうか?

一方、2歳戦といえば門別勢が侮れませんね。

9/6の笠松の重賞・秋風ジュニアでも、やや実力的に劣ると思われた門別馬がワンツーフィニッシュを果たしています。

地震の影響で調教をどれくらい積んでいるのか、やや不安な面はありますが、門別勢は注意しておいたほうがいいでしょう。

今回の出走メンバーで門別勢は4頭。

このうち、吉原寛人騎手が騎乗するグロリアスカメオ、重賞出走経験やJRA出走経験もあるピュアドリーマーあたりが中心になりそうです。

侮れない印象ですね。

能力の違いを見せつけてほしい

さて、予想ですが、ここまで持ち上げておいて、

ワンモアグローリー

に本命を打たないわけにはいきません。

さすがにこれまでの相手とは違い、一筋縄にはいかないと思いますが、1戦だけでなく、デビュー後3戦とも圧倒的な内容を見せており、能力の違いは歴然としていると思います。

血統的にもきょうだいに中央での活躍馬がいたりしますので、間違いないかと。

あとは初の輸送がどう出るか、というところでしょう。

というわけで、ワンモアグローリー堅軸とみて、パターン①で勝負したいと思います。

やっぱり門別勢

では対抗以下ですが、○に門別のピュアドリーマーを挙げたいと思います。

昨年も門別のワンツーフィニッシュとなっているように、やっぱりこの時期の門別馬は、戦績がイマイチでも押さえておいたほうが無難です。

ピュアドリーマーにいたっては、戦績自体も悪くなく、前走のJRAでも12番人気で6着なら大健闘だと思います。

以下、▲にも門別のグロリアスカメオ、△にはじめて地元のアヴニールレーヴを挙げたいと思います。×も地元のリリコで。

買い目は三連複フォーメーション

7 – 6.9 – 6.8.11

とします。

ここは通過点、となるか?

個人的には、ワンモアグローリーにここで圧勝してもらって、暮れの全日本2歳優駿あたりにコマを進めてもらって、JRA勢や南関のツワモノたちとしのぎを削ってもらいたいんですよね。

トゥザグローリー産駒から、そんなスターダムをのし上がる馬が出たら、なかなか面白いと思うんですが、どうでしょう。