2018/9/13 川崎10R 若武者賞の予想

推し馬が出走

木曜日の川崎のメインは、2歳戦です。

その名も若武者賞。

鎌倉記念のトライアルレースですね。

このレースに出走するトーセンボルガは、注目の2歳馬です。

ここまで3戦3勝。

今回のコースである川崎の1500m戦も経験しており、2着以下に大差をつける圧勝。

よほど当日の体調が悪くない限り、確勝級の馬だと思います。

渋い血統

それにしても、この馬の血統、渋いですね。

父・トーセンモナークに、母・トーセンモアムード。

トーセンの冠名でおなじみ島川オーナーの信念がこめられたような血統です。

トーセンモナークって、正直なじみのない馬だったんですが、調べてみると、中央OPまでいった馬なんですね。

この馬の血統は、父アグネスタキオンに、母ホワイトウォーターアフェア。

あれ?もしかして、ヴィクトワールピサの弟?いや、兄ですか!

これは確かに良血馬ですね!

好調種牡馬の産駒を対抗に

さて、◎は素直にトーセンボルガでいいと思うんですが、対抗以下はどうしましょうか。

出走馬の血統を見てみると、2歳戦好調なダンカーク産駒がいますね。

船橋1000mの1戦しかしていませんが、1000m戦で2着以下を1.1秒突き放していますから、非凡さを感じます。

トーセンボルガと未対決ということを考慮して、○に推したいと思います。

以下、波乱はあまり想定されないので、パターン①でいくとして、▲にはこちらもトーセンボルガとは未対決で、川崎コース経験のあるクオッカを挙げましょう。

△も、同じく川崎経験があってトーセンボルガと未対決のリックシンパ、×にはグラビテーションとします。

買い目は三連複フォーメーションで、

5 – 4.6 – 1.4.6.7

とします。

ここを制して鎌倉記念→全日本2歳優駿へ

それにしてもトーセンボルガは、期待しかないですね。

まだまだこれから南関はたくさんの有力2歳馬が出てくるとは思いますが、トーセンボルガがその中心馬となって活躍してほしいです。

ここはあくまで通過点。

鎌倉記念もあっさり勝って、ぜひ全日本2歳優駿で、中央勢を撃破してほしいものです。