【地方競馬予想】若草賞(2021年3月23日 名古屋11R)

01_予想 01_地方競馬 04_名古屋競馬

春は別れと出会いの季節。

僕はそんな春が好きです。

もっとも、最近は花粉症がひどく、あまり好きにはなれませんが。

ここ最近、緊急事態宣言を受けて、仕事で外出が少なかったのですが、先日久々に外出。

そこで、仕事上のいい出会いがありました。

仕事の可能性を広げるような出会いは、いつもワクワクするものです。

その仕事上の良き出会いの後、電車に乗り込んでスマホを見て、おもむろにツイッターアプリを開くと、あるツイートが目に入ってきました。

一瞬、頭の中がパニックに。

総帥?

総帥って、あの総帥?

それ以外にいないよな?

え?!

まあ、こんな感じです。

まさか、あの岡田総帥が亡くなるなんて、まったくの寝耳に水。

信じられないの一言です。

ミスター相馬眼。

巨星墜つとはまさにこのこと。

71歳って、まだまだこれからなのに・・・。

イギリスダービーはおろか、日本ダービーも勝っていないじゃないですか。

早すぎる。

実に早すぎます。

本当に残念でなりません。

まだまだ生きてほしかったから、冥福をお祈りします、とか言いたくありません。

ただただ、競馬界に遺した大きな功績をたたえたいと思います。

ありがとうございました、総帥。

3歳牝馬の1400m戦・若草賞

さて、総帥死去のショックから抜け出せないのですが、名古屋で重賞が組まれていますので、予想をしていくことにしましょう。

第19回若草賞。

3歳牝馬による地方全国交流の1400m戦。

1着賞金は400万円です。

今年の出走は12頭。

出馬表はこちら

うーん、これは難解な一戦

予想のきっかけをつかむのが難しいですね。

こういうときは、基本に立ち返ることが大事。

オーソドックスに名古屋1400mの傾向分析から軸馬の絞り込みを図りたいと思います。

コメント