【地方競馬予想】フジノウェーブ記念(2021年3月10日 大井11R)

01_予想01_地方競馬03_南関競馬

最近、競馬に対するモチベーションの低下を感じています。

なかなか当たらない、というのは今に始まった理由ではありませんが、それ以外にも、いろいろなことが積み重なってモチベーションが低下している気がします。

そんな中でブログを書くかどうか、ちょっと躊躇しました。

モチベーションの低い中で記事を書いても、いい記事にはならないだろうと。

そんな記事を世に送り出していいのだろうかと。

おかげさまで当ブログも月間PVが約10万となり、多くの方にご覧いただけるようになりました。

それだけに、質の低い記事は、読んでいただいている方に失礼なのではないか、と思うのです。

ただ、誰のためにブログを書いているかというと、

自分のため

なんですよね。

自分が競馬を楽しみたいから、ブログを書いている。

その点は、ブログを始めたころから意識していること。

だから、質の低い記事であっても、自分が競馬を楽しめればそれでいい、と割り切るほかないのかな、とも思います。

いや、でも、モチベーションが低い=競馬を楽しめていない、ということでもあります。

競馬を楽しめていないのに、なんでブログを書くのか。

・・・なんだか禅問答のようになってきましたね。

 

つべこべ言わず、書くことにします。

好メンバー集結・フジノウェーブ記念

さて、今回予想するのは、大井の重賞・フジノウェーブ記念です。

南関競馬をやる人なら、フジノウェーブの名前は一度は聞いたことがあるはず。

かつて東京スプリング盃の名だったこのレースを4連覇したフジノウェーブ。

そのフジノウェーブの偉業をたたえて2014年からこの名前に変わっています。

そのフジノウェーブ記念ですが、東京スプリング盃時代から数えて、今年で12回目を迎えました。

距離は1400m。

今年の出馬表はこちら

非常に好メンバーがそろい、面白いレースが期待できそうです。

さっそく、大井1400mの昨年1年間のレース傾向から、分析をしていくことにしましょう。

コメント