【地方競馬予想】エンプレス杯(2021年3月4日 川崎11R)

01_予想01_地方競馬03_南関競馬

大井1800mと川崎2100mの違い

ということで、今回エンプレス杯に出走するメンバーが多数出走していた前哨戦2レースを見ました。

いずれも大井1800mで行われたレースです。

この大井1800mとエンプレス杯の舞台・川崎2100mは、まるっきり違うコースと言えます。

まず、回りが違いますね。

右回りと左回り。

そして距離が違います。

1800mと2100m。

コース形状も違いますね。

比較的コーナーが緩い大井外回りに対して、コーナーがタイトな川崎。

コーナー数も4回コーナーを回る大井1800mに対して、6回の川崎2100m。

これだけ違うと、前哨戦の結果がそのままここでも反映されないだろうな、ということは容易に想像がつきます。

ただ、両コースで似ているところもあります。

それは、1コーナーまでの入り方

大井1800mと川崎2100mのスタート直後から1コーナーまでの距離感は大きく違いはありません。

比較的1コーナーまでの距離はあるほうだと言っていいでしょう。

1コーナーまでの距離が長いとどういうことが起きるかというと、1コーナーまでの間に隊列が決まりやすくなります。

前哨戦チェック時に見たTCK女王盃のように、先行争いが2コーナーくらいまで続くような展開はまれです。

ただ、まれなんですが、今回のメンバーはそのTCK女王盃に出走して先団争いを演じた馬たちばかり。

同じようなことが川崎2100mで起こらないとも限りません。

もし、同じような激しい先行争いが勃発したらどうなるのか。

これは明らかに枠の有利不利が、レースの結果に直結する可能性が高くなります。

すなわち、川崎のようにタイトなコーナーの競馬場では、インのポジションを取れるかどうかが勝敗を左右します。

インを取りやすいのは言わずもがな内枠。

一方、外枠からインを取りに行くためには、それなりに足を使わないといけません。

ただ、今回大外枠を引いてしまったマルシュロレーヌは、後方から行くタイプの馬。

TCK女王盃のように、前をめぐる争いが激しくなる展開になれば、いくら外枠でも再びマルシュロレーヌのチャンス到来かもしれません。

というようなことを踏まえて、エンプレス杯の結論を導き出してみることにしましょう。

コメント