2018/9/11 佐賀12R 霧島賞の予想

スポンサーリンク

佐賀の名物レース

9/11に行われる重賞3つめは、佐賀の重賞・霧島賞です。

このレースは、佐賀競馬らしいというか、佐賀の名物レースですね。

何が名物レースなのかというと、九州産限定レースだからです。

こういう企画っていいですよね。

馬産地としては、確かに北海道が圧倒的なんですが、他の地域でも馬産はありますから、そういう馬産地を盛り上げる企画って、単純にいいと思います。

そういえば、昔、中央競馬でも、父内国産限定重賞・カブトヤマ記念ってありましたよね。

あのレース、好きだったなぁ。

3連覇にいどむキヨマサ

さて、この霧島賞ですが、実はここのところ2連覇している馬が今年も出走します。

園田所属のソングオブウインド産駒・キヨマサです。

一昨年はJRA所属馬としての勝利、昨年は園田所属としての勝利でした。

今年も園田所属として3連覇に挑みます。

では、その可能性があるのかないのか、というと、過去2年とほぼ同じローテーションで臨めているものの、過去2年はいずれも前走で連に絡んでいるものの、今回は絡めていない形での出走となります。

そのあたりがどうか、といったところでしょうか。

やっぱり相対評価で・・・

キヨマサはちょっと「?」とはいえ、他に有力な馬はいるのでしょうか。

うーん、これといった馬はいませんね・・・。

そもそもキヨマサは、実力馬がそろう園田でA級の馬。

これに対し、他の出走馬を見てみると、同じクラスの馬は見当たりません。

臨戦過程に疑問は残るものの、やっぱり相対評価で行くと、◎は

キヨマサ

と言わざるを得ないのかもしれません。

実力差があるという点からしても、予想のパターンは①でいいでしょう。

○は佐賀の1400m戦なら安定した成績を誇るカシノエイシ

▲は同じく佐賀の1400m戦で、ほとんどここのところ馬券になっているヒトモジノグルグル

△に中央勢から、ダート戦で変わり身が期待できるニコルハイウェイ

×に前走のタイムが優秀なコウユーヌレエフとします。

買い目は三連複フォーメーションで、

1 – 4.7 – 6.7.8

とします。

ついでだから・・・

ところで、このレース、なんとなーく、物足りない気がしませんか?

そう、ジョッキーです。

九州産限定の重賞ですから、どうせなら九州出身のジョッキー限定にしたほうが面白いんじゃないでしょうかね。

文男さんあたりが乗ってくれたらムネアツなんですが・・・。