【地方競馬予想】シンデレラオープン(2021年2月3日 浦和11R)

01_予想01_地方競馬03_南関競馬

浦和1400mで好成績の馬番は?

続いて分析してみたいのは、馬番です。

浦和コースというと、内枠有利のコースとして知られますが、実際の成績はどうなのでしょうか。

馬番 出走回数 1着 勝率 連対率 複勝率
1 338 30 8.9% 16.6% 26.3%
2 339 26 7.7% 15.6% 24.5%
3 342 23 6.7% 14.3% 25.7%
4 340 31 9.1% 17.9% 26.2%
5 341 29 8.5% 16.7% 24.3%
6 339 37 10.9% 19.5% 30.7%
7 341 28 8.2% 19.1% 26.4%
8 339 31 9.1% 19.8% 28.0%
9 337 28 8.3% 18.1% 24.6%
10 331 26 7.9% 16.0% 25.4%
11 306 27 8.8% 16.7% 23.5%
12 256 29 11.3% 19.5% 28.1%

うーん、こうやってみると、内外の有利不利はあまりない感じがしますね。

むしろ、単勝回収率と複勝回収率をみてみると

馬番 出走回数 単勝回収率 複勝回収率
1 338 71.6% 72.1%
2 339 38.2% 57.3%
3 342 88.3% 70.4%
4 340 60.9% 74.8%
5 341 70.2% 63.0%
6 339 88.9% 90.9%
7 341 70.1% 78.6%
8 339 94.3% 71.7%
9 337 131.0% 67.6%
10 331 78.5% 67.8%
11 306 61.7% 59.6%
12 256 105.1% 90.8%

となっていて、2番が最低の単勝回収率と複勝回収率です。

浦和1400mの枠はあまり気にしないほうがいいかもしれません。

というようなところを踏まえて、浦和・シンデレラオープンの結論です。

コメント