【地方競馬予想】川崎記念(2021年1月27日 川崎11R)

01_予想01_地方競馬03_南関競馬

緊急事態宣言だとかいろいろあって慌ただしかった1月も、もう終わりが近づいてきました。

1月最終週の南関競馬は川崎開催。

残念ながら無観客競馬となりますが、開催のメインは第70回川崎記念。

1着6,000万円のJpnIです。

東京大賞典とフェブラリーSのはざまにあって、年によってはメンバーが手薄になりがちな川崎記念。

今年の出走馬はこちら

ビッグネームはやはりオメガパフュームですね。

あとは、ジャパンダートダービーの勝ち馬・ダノンファラオでしょうか。

当初、出走が取りざたされていたチュウワウィザードがサウジカップに向かうようなので、中央勢はやや手薄なメンバーのように見えます。

一方の地方馬は、東京大賞典2着のカジノフォンテン

同5着のミューチャリー

年初の報知オールスターカップを快勝したタービランス

お、これはやれるんじゃね?と思えるメンバーがそろいました。

そこで今回の予想のテーマは

「打倒・オメガパフューム」

オメガパフュームがここで勝てない、または馬券外に沈むとしたら、どういうパターンが考えられるか?

その場合に浮上する馬はどの馬か?

という点から検証をはじめていきたいと思います。

コメント