【地方競馬予想】冬木立賞(2020年12月10日 大井11R)

01_予想 01_地方競馬 03_南関競馬

絶賛開催中の大井競馬ですが、うれしいニュースがひとつ。

レース中の大けがで戦列を離れていた達城龍次騎手がこの大井開催から復帰。

復帰2日目に久々の勝利を挙げました。

【地方競馬】大怪我から復帰の達城龍次騎手が勝利! | 競馬ニュース - netkeiba.com
 8日の大井競馬第2R(2歳・ダ1200m)で、達城龍次騎手騎乗の6番人気オールドブラフ(牡2、大井・庄子昭彦厩舎)が勝利。昨年12月3日の大井競馬第6Rで落馬し、左足の大腿骨骨折などの大怪我を負った… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。

いやあ、良かったの一言ですよ、これは。

達城騎手と言えば、「先生」と呼ばれる、的確な馬場読み・コース取りが持ち味。

度々穴を開けてくれる騎手としても有名です。

この日の勝利も6番人気での勝利。

達城先生らしい勝利でした。

騎乗ぶりを見ても、特段ブランクを感じさせるところはなく、これからも大いに活躍してくれることでしょう。

とにかくケガだけは注意してほしいですね。

ケガといえば、我らが黄綬褒章ジョッキー・的場文男騎手も、調教中の落馬で大けがを負ったとのこと。

的場文男騎手の近況 | 南関魂 高橋華代子の南関東競馬ブログ

3時間の手術で47針・・・。

想像を絶する大けがですが、信じられないのは47針のけがを負って、直後に自力で歩いていたとのこと。

そして、抜糸したらもう次の開催から騎乗するとか・・・。

この64歳は本当に人知を超えた64歳です。

無理はしないでほしいですけどね・・・。

難解なメンバー・冬木立賞

さて、そんな話題あふれる大井の木曜日のメイン・冬木立賞を予想します。

出走は16頭のフルゲート。

出馬表はこちら

大井1200mは施行回数も多いコース。

いろんな視点での分析が可能ですが、たまには血統にとことん着目して予想してみましょうか。

この記事をシェアする
【当ブログも掲載中!】Umamob(ウマモブ)のご紹介

Umamob(ウマモブ)は全国の選りすぐりな競馬ブロガーの予想・考察記事をまとめた競馬情報メディアです。中央競馬から地方競馬まで幅広いレースの予想記事をまとめています。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ


ほぼ毎日競馬

コメント