【地方競馬予想】サンタアニタトロフィー(2020年11月18日 大井11R)

01_予想 01_地方競馬 03_南関競馬

サンタアニタトロフィーの結論

uskの軸馬

⑪サンロアノーク

今回の軸馬はサンロアノークにしました。

ゴールドアリュール産駒のコパノジャッキーと迷いました。

血統面からいくとコパノジャッキーのほうが上かもしれません。

ただ、おそらくパサパサの馬場になるだろうということと、森泰斗騎手からの乗り替わりが気になります。

乗り替わる矢野貴之騎手も大井1600mでは好成績を残しています。

ただ、やはり乗り替わりは気になるもの。

それはサンロアノークも同じ。

こちらは矢野貴之騎手から御神本訓史騎手への乗り替わりです。

ところが、御神本騎手自身はサンロアノークに騎乗経験があり、1-1-0-0という成績。

なおかつサンロアノーク自身も大井1600mは3-1-0-0と大の得意にしています。

大井1600mならば3・4歳馬が活躍しているシニスターミニスター産駒

4歳馬のサンロアノークにとって強調できる材料。

なおかつ母父ブラックタイドは好成績を残しています。

久しぶりに重賞の大舞台での御神本騎手のガッツポーズが見られることを期待して、サンロアノークを推します。

コメント