【地方競馬予想】サンタアニタトロフィー(2020年11月18日 大井11R)

01_予想 01_地方競馬 03_南関競馬

大井1600mにおけるシニスターミニスター産駒の特徴

では、ゴールドアリュール産駒と同様に、牡牝別から見ていくことにしましょう。

性別 出走回数 1着 勝率 単勝回収率
セン 21 4 19.0% 138.1%
79 9 11.4% 115.1%
82 12 14.6% 128.8%

うーん、やや牡馬有利というところでしょうか。

あまり差はないと見ていいでしょうね。

馬齢別には、

馬齢 出走回数 1着 勝率 単勝回収率
2 9 0 0.0% 0.0%
3 52 11 21.2% 122.1%
4 65 10 15.4% 197.4%
5 16 1 6.3% 73.8%
6 18 2 11.1% 59.4%
7 14 1 7.1% 80.0%
8 8 0 0.0% 0.0%

という結果に。

ゴールドアリュール産駒よりも、3歳・4歳で好結果を残している傾向が見て取れます。

次に母父との相性ですが、あまりデータ数は多くなく

母父 出走回数 1着 勝率 単勝回収率
キンググローリアス 21 4 19.0% 138.1%
ブラックタイド 4 3 75.0% 180.0%
マイニング 7 3 42.9% 110.0%
バゴ 9 2 22.2% 87.8%
Medaglia d’Oro 4 2 50.0% 772.5%
Cherokee Colony 16 2 12.5% 96.9%
バブルガムフェロー 9 2 22.2% 94.4%

というような結果に。

ちなみに今回のサンタアニタトロフィーに出走するシニスターミニスター産駒は3頭。

この3頭の母父は、

Medaglia d’Oro

サザンヘイロー

ブラックタイド

ということで、Medaglia d’Oroとブラックタイドは上位に名を連ねています。

そして、相性のいい騎手を探してみると、複数回勝っているのは、

騎手 騎乗回数 1着 勝率 単勝回収率
矢野貴之 24 6 25.0% 126.3%
真島大輔 7 3 42.9% 110.0%
大木天翔 9 3 33.3% 265.6%
瀧川寿希 8 2 25.0% 106.3%
吉井章  12 2 16.7% 330.8%
笹川翼  9 2 22.2% 343.3%

の6名だけ。

今回シニスターミニスター産駒に騎乗する騎手の中では、笹川翼騎手のみが複数回の勝利を挙げています。

ということで、シニスターミニスター産駒の大井1600mにおける傾向を見てきました。

これらのデータを踏まえて、サンタアニタトロフィーの軸馬を決めていきましょう。

コメント