【地方競馬予想】ハイセイコー記念(2020年11月17日 大井11R)

いつの時代も競馬界には「スターホース」がいます。

今回予想するレース名にもなっている、ハイセイコー。

オグリキャップが最たる例。

トウカイテイオー、ディープインパクトなどなど。

現代のスターホースは?というと、やはりアーモンドアイ、なのでしょうか?

アーモンドアイは嫌いではないんですが、「スターホース」かと言われると、そうではない気がします。

個人的に思う現代のスターホースはオジュウチョウサンです。

そのオジュウチョウサンが、約4年半ぶりに障害レースで敗れました。

負けるはずがない、と思っていましたが、やはり競馬に絶対はないですね。

これで障害レースの連勝は13でストップ。

ただ、連勝がストップしたことで、鞍上や陣営はホッとしたところもあるのではないでしょうか。

いつも期待にこたえ続けることの辛さ。

そこから解放されたとき、さらに進化したオジュウチョウサンが見られることを期待しています。

スポンサーリンク

少頭数・ハイセイコー記念

さて、今回予想するのは、大井の2歳重賞・ハイセイコー記念です。

1着賞金2200万円で、大井の名物レースのひとつ。

今回は出走が9頭とやや寂しい頭数になりました。

出馬表はこちら

ただ、メンバー表をみると、すでに重賞を勝っている馬が2頭いたりして、かなり濃いメンバーが揃っています。

早速、分析に入ることにしましょう。

コメント

  1. […] 【地方競馬予想】ハイセイコー記念(2020年11月17日 大井11R)いつの時代も競馬界には「スターホース」がいます。 今回予想するレース名にもなっている、ハイセイコー。 オグリキャッ […]