地方競馬 イチオシ2歳馬②

スポンサーリンク

イチオシ馬を紹介する前に

昨日、地方競馬のイチオシ2歳馬を2頭、紹介しました。

正直、全部の2歳戦を見ているわけではないので、「いい2歳馬、いないかなあ」と探していたところ、あることに気が付きました。

なんか、ダンカーク産駒がやたら勝っているなあ、と。

で、調べてみたところ、今年地方では産駒が27回出走して、すでに8勝を挙げています。

勝率29.6%ってすごいと思いませんか?

御神本騎手の勝率みたいです。

(たとえがアレですが・・・)

ダンカークの産駒が本格的に走り始めたのは今年からのようですので、これからブレークする種牡馬かもしれません。

ちなみに中央では、今年39回出走して3勝を挙げています。

芝でもダートでも勝ち鞍を挙げていますから、なかなか優秀ですね。

イチオシ~園田編~

さて、今回の地方競馬・イチオシ2歳馬ですが、前回の南関編・東海地区編に続き、園田編です。

さっそく紹介しましょう。

テツ 牡 園田・橋本忠明厩舎

なかなかインパクトのある馬名ですね。

父・ストロングリターン、母・ヴェネチアンレッド、母の父・マンハッタンカフェ、という馬です。

母系をたどると、曾祖母がケイウーマンではありませんか。

なかなかの良血ですね。

そんなテツのデビュー戦の走りがこちら。↓

このときのタイムが820mで50秒9。

今年の園田の2歳戦では4番目に速いタイム。

ただし、この馬より速いタイムが出たレースのうち2つのレースは、速いタイムが出やすい道悪でのもの。

この馬のレースのほうが中身はあると思います。

血統的に距離が伸びて悪いとは思えませんので、次走がとても楽しみです。

ちなみに、この馬より良馬場で速いタイム(50秒6)を出したグランミュークという馬も、いい走りをしていて、なかなか面白いと思います。

こちらも次走が楽しみですね。

イチオシ~高知編~

さて、お次は愛しの高知競馬編です。

高知は財政難から、しばらく新馬戦ができなかった時代があったんですが、ここ最近は新馬戦をやるようになりました。

新馬戦をやるようになってから、ディアマルコやフリビオンといった、他地区でも通用する馬が出てきていますから、今年の高知競馬の新馬戦も見逃せないと思います。

そんな高知競馬から、現段階でイチオシの馬はこちら。

グローサンドリヨン 牡 高知・打越勇児厩舎

すでに高知で2戦2勝の馬です。

いずれのレースも、着差は大きくつけていませんが、タイムが優秀ですね。

初戦で800mを50秒7、2戦目で50秒4ですから、過去の高知競馬の活躍馬が出した800mのタイムとそん色ないと思います。

2戦目のレースはこちら↓

このあと、どういうレース選択をするのでしょうか。

高知競馬ファンとして、とても楽しみな一頭です。

次回は佐賀競馬?

ということで、園田と高知から1頭ずつ、注目の2歳馬を紹介しました。

あと紹介していないのは、門別を除けば、岩手競馬(盛岡・水沢)と、佐賀競馬でしょうか。

一度紹介した地区でも、特に南関なんかは、注目の馬がまだまだいますので、追って紹介していきたいなと思っています。