【地方競馬予想】兵庫クイーンカップ(2020年10月30日 園田11R)

先々週はデアリングタクトの無敗牝馬三冠。

先週はコントレイルの無敗三冠。

そして今週はアーモンドアイがGI・8勝目を目指して天皇賞・秋に挑みます。

中央の芝・GIでは、今まで最高が7勝どまり。

8勝した馬はいません。

3週連続で大記録なるか、注目が集まっています。

ただ、やっぱりなんていうか、「これじゃないんだよな」感ってありませんか?

僕はあります。

アーモンドアイは強い。

そして、僕が大好きだったフサイチパンドラの仔。

そういう意味でも応援したい。

でも、なんか違うんですよね、アーモンドアイのGI・8勝は。

僕の中では、ぶっつけ本番で出てきて、GIをかっさらう馬より、前哨戦を叩いて勝つ馬の方が、勝ったGIに重みがあると思っています。

だから、コントレイルの菊花賞はとても意味があると思っています。

神戸新聞杯を勝って、菊花賞に臨んでいるから。

アーモンドアイって、GIばかり使ってるじゃないですか。

確かにそういうレースの使い方はありです。

体質が弱いからかもしれません。

でも、やっぱり、前哨戦に出てきてほしいんですよね。

前哨戦に出てきて、対抗馬をすべてひねりつぶす。

そして、本番でもひねりつぶす。

これくらいやって、はじめて「ああ、強いなぁ」って思えるんですよね。

古い考え方ですかね?

スポンサーリンク

園田の牝馬重賞・兵庫クイーンカップ

さて、牝馬・アーモンドアイの話で熱くなったところで、今日の予想レースです。

園田の重賞・兵庫クイーンカップを予想してまいります。

距離は1700m。

出走は12頭。

出馬表はこちら

西日本地区の交流レースに指定されている、牝馬限定レースです。

それでは、早速、次ページ以降で分析していくことにしましょう。

コメント