【地方競馬予想】九州大賞典(2020年10月25日 佐賀6R)

2週連続で無敗の三冠馬誕生なるか、で沸く競馬界。

今回予想する九州大賞典のスタートが切られる頃には、三冠達成か、達成ならずか、の結果は出ています。

三冠馬誕生のシーンは、これまで2回経験しました。

ディープインパクトオルフェーヴルのとき。

ディープの時は京都競馬場で、オルフェーヴルはテレビでそのシーンを見ました。

どちらも、レースの前から、それはそれは大変なお祭り騒ぎで、特にディープの時は異様な雰囲気だったのを覚えています。

それに比べると今回のコントレイルは、ややレース前の盛り上がりに欠けている気がします

コロナ禍で競馬場に行けないのが大きいのでしょうね。

ディープの時に思いましたが、三冠馬誕生の瞬間に競馬場に居られるというのは、競馬ファンにとってこの上ない喜び。

コントレイルが三冠を達成できるかどうかはわかりませんが、挑戦する場面に立ち会える、抽選に当たったごく少数のファンにとっては、一生の思い出になることでしょう。

僕はテレビの前で、その場面を見届けたいと思っています。

スポンサーリンク

長丁場・九州大賞典

さて、そのコントレイルの三冠がかかる菊花賞当日に行われる、佐賀の重賞・九州大賞典

菊花賞に負けず劣らずの長距離、2500mで行われる重賞です。

今年の出走は10頭。

出馬表はこちら

大将格・ウノピアットブリオ、キングプライドが不在ではあるものの、佐賀の中距離路線の一線級は出てきていると思います。

なのに賞金250万円は、昨今の地方競馬の隆盛を見る限り、ちょっと安い気もします。

まあこればっかりは、主催者次第なので、単純な比較はできないところですが・・・。

ところで、ウノピアットブリオとキングプライドはどうしているのでしょうか?

両馬ともしばらく出走がないんですが・・・。

コメント