【地方競馬予想】鎌倉記念(2020年10月14日 川崎11R)

スポンサーリンク

鎌倉記念の結論

連勝馬が何頭かいますが、連勝馬の脚質を見ると、気になることがあります。

それはあまりにも先行勢が多いということ。

つまり、スピード能力の違いで先頭に立って、押し切ってきた馬ばかり、ということ。

こういう2歳馬が、同型馬が多く集まるレースで脆さを見せて惨敗、というケースは、これまで何度も見てきました。

今回、ナジャ陣営は早々に逃げ宣言をしています。

そのナジャに鈴をつけにいく陣営がいるのかいないのか。

十分、いそうですね。

そうなると前崩れは必至

前崩れになっても能力を発揮できそうなのは、

uskの軸馬

⑤ピースフラッグ

でしょう。

ピースフラッグは、これまで能力の違いでハナに立ち、そのまま押し切ってきました。

今回も前めで勝負するのかと思いきや、調教師の談話では、控える競馬でも対応できると言っています。

暗に先行馬を前に行かせて勝負するということをにおわせていますね。

絶対的なスピード能力ではメンバー中No.1。

展開を上手く味方につければ、この強豪相手でも突き抜ける要素は十分にあります。

アーネストリー産駒という、とっても地味な血統ですが、現役時代のアーネストリーが大好きだった僕にとっては、この上なく応援したい馬。

ここを圧勝してもらって、全日本2歳優駿に駒を進めてもらいたいものです。

 

コメント

  1. 鼻毛白髪まじりの50代です。 より:

    当たると、いいですなぁ。。?