【地方競馬予想】レディスプレリュード(2020年10月8日 大井11R)

先日、ダートグレードの牝馬戦線を盛り上げたクレイジーアクセルの引退が発表されました。

型にはまるととにかく強い馬でした。

個人的には、もうちょっとやれるんじゃないかと思っていましたが、調教師さんが言うように、燃え尽きちゃったのかもしれませんね。

父ロージズインメイ・母の父サクラバクシンオー。

いまどきな血統じゃないところがいいですね。

いい仔を生んでほしいものです。

スポンサーリンク

各地から有力馬が参戦・レディスプレリュード

さて、今回予想するのは、木曜日大井のメイン、第17回レディスプレリュード

大井1800mで行われるダートグレードレースです。

今年の出走は16頭。

出馬表はこちら

JRAから5頭が参戦。

そのほかに、佐賀から1頭、門別から1頭が参戦します。

馬もそうですが、騎手の方も多彩なメンバーが揃って、面白い一戦になりそうです。

カギを握るのは前哨戦。

さて、今回の出走馬の前走を見てみると、有力馬は、

ビューチフルドリーマーカップ

ブリーダーズゴールドカップ

から参戦しているケースが多いですね。

多いというより、ほぼこの2つのレースが前走だった馬に有力馬が集約されると思います。

唯一違う路線という意味では、サラーブでしょうか。

前走名古屋の秋桜賞を圧倒的な内容で制しています。

ただ、ここのところ短距離で好成績を残しているところからすると、今回の距離延長はどうでしょうか・・・。

やはり上記2レースに出走した馬から軸はチョイスすべきだと考えます。

そこで、この2つの前哨戦の中身をよ~く検証してみて、今回の軸馬を探してみることにしましょう。

コメント