【地方競馬予想】瑞穂賞(2020年10月7日 門別12R)

10月は競馬のシーズン本番!

ということは先日の記事で書きました。

ただ、10月になるとちょっと寂しさも増してきます。

寂しさの理由は、門別競馬のシーズンの終わりが近づいてくること。

今回予想する瑞穂賞も、道営記念に向けたステップレースです。

道営記念が近づいてくると、なんだか寂しいですね。

特に、門別が平日にないと、南関が浦和開催の時、夜が面白くなくて仕方ない・・・。

まあ、寒い北海道の競馬場ですからね。

仕方がないことではありますが・・・。

スポンサーリンク

少数精鋭!瑞穂賞

さて、その瑞穂賞ですが、今年の出走馬は7頭と少頭数です。

出馬表はこちら

少頭数ではありますが、なかなか面白いメンバーが揃いましたね。

道営記念の前哨戦にふさわしいメンバーだと思います。

ポイントになりそうなのは、1800mのレースということ。

そして、展開面です。

まずは、「1800m」というポイントについて検討をしていくことにしましょう。

コメント