【海外競馬予想】凱旋門賞(2020年10月4日 ロンシャン4R)

今年も凱旋門賞の季節がやってきました。

いつもなら、日本からの出走馬がいて、大いに盛り上がるのですが、今年はコロナ禍。

日本から出走する馬はいないんだろうなぁ、と思っていたら、

ディアドラが出てくれました。

もはや日本馬と言っていいのかわからない戦績になってきたディアドラ。

陣営のチャレンジ精神には敬意を表すばかり。

ディアドラが参戦することで馬券が買えます。

ディアドラと陣営に敬意と感謝を表しつつ、凱旋門賞の予想です。

スポンサーリンク

オブライエン厩舎の出走馬はどうなるのか?

さて、今年の凱旋門賞ですが、有力視されていたイギリス牝馬2冠馬・ラブが出走回避。

エクリプスステークスでエネイブルを破ったガイヤースも回避。

なんとも寂しい凱旋門賞になりました。

そして、直前になって、オブライエン厩舎で禁止薬物の入った飼料を使用していたことが発覚

これは一大事ですね。

オブライエン厩舎の馬が出れなくなると、ますます寂しい凱旋門賞になりそうです。

武豊騎手も、せっかくこんなご時世にフランスに行ったんですがね・・・。

とにかく、陰性になってくれて、無事出走できることを祈っております。

主役は健在かつ不動

さて、そんな波乱含みの凱旋門賞ですが、主役は堂々と出走できそうです。

史上最強馬との呼び声高い、エネイブルですね。

今年の凱旋門賞を制すれば、凱旋門賞3勝という偉業達成となります。

前哨戦も楽々と制しました。

エネイブル 凱旋門前哨戦を圧勝!史上初の快挙へ弾み - スポニチ Sponichi Annex ギャンブル
 G1・11勝を誇る最強牝馬エネイブル(牝6=英ゴスデン)が凱旋門賞(10月4日、G1、パリロンシャン芝2400メートル)の前哨戦として、現地時間5日に行われた英G3セプテンバーS(英ケンプトン、AW2400メートル)に出走。スピードの違いでハナを奪って、後続に7馬身差をつけて余裕の逃げ切り圧勝を飾った。勝ち時計は2分...

ラブやガイヤースが出ない以上、もはや死角なしと思われがちのエネイブル。

馬券から外して考えるのは難しいですね。

素直に相手探しでいいと思います。

相手も堅い

エネイブルの相手は、おそらく2番人気でしょうが、ストラディバリウスで間違いないでしょう。

ここまで長距離で圧倒的な成績を残してきたストラディバリウス。

今回、コンビを組んできたデットーリ騎手がエネイブルに騎乗するため、ペリエ騎手が騎乗。

これまで凱旋門賞を4勝している、日本でもおなじみの名手。

ストラディバリウスのペリエ「自信ある」/凱旋門賞(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
凱旋門賞(G1、芝2400メートル、10月4日=パリロンシャン)で英国の最強ステイヤー、ストラディバリウス(牡6、J・ゴスデン、父シーザスターズ)とコンビを組むことが決まったオリビエ・ペリエ騎手(4

どうやら本人も自信たっぷりのようです。

馬場状態も相当悪くなるため、スタミナ勝負になることは間違いなし

馬場が悪い時のスタミナと、長距離を走れるスタミナは違いますが、この馬はどちらも兼ね備えています。

展開やエネイブルの調子次第では、逆転すらありうると見ました。

この2頭を1・2着でいいでしょう。

3歳牝馬は怖い

抑えておきたいのはフランスの3歳牝馬・ラービアー

前走ロンシャンのヴェルメイユ賞は1番人気ながら2着。

ヴェルメイユ賞(G1) 2020/9/13(日) | 日程・結果 | JRA-VAN Ver.World
海外競馬の日程・結果。JRA-VANは凱旋門賞、ブリーダーズカップはもちろんのこと、海外競馬の日程・結果をいち早くお届けします。

とはいえ、コース適性は申し分なし。

そして、3歳牝馬の55キロは要警戒です。

無条件におさえておきたいですね。

馬券は少ない点数で

あとは、出走してくれば今年のイギリスダービー馬・サーペンタインもおさえておきたいですね。

特異な競馬になった今年のイギリスダービー。

2020年 英ダービー(G1) 海外の主要レース結果 海外競馬発売 JRA

同じような展開になれば浮上の目はあると思いますし、メンバー的に同じような展開になる可能性は十分あります。

あとは実力馬・ソットサスを入れて、

エネイブル⇔ストラディバリウス→ラービアー・サーペンタイン・ソットサスの3連単6点で、2020年の凱旋門賞、勝負です。

コメント