【地方競馬予想】サッポロクラシックカップ(2020年9月3日 門別12R)

このブログも2年以上続けているので、毎年、毎年、同じレースの予想をアップすることがあります。

今回予想するサッポロクラシックカップも、このブログ上では3回目の予想。

過去2年の記事を振り返ると、いずれもレース名である「サッポロクラシック」にちなんだ話題でした。

2018/10/30 門別11R サッポロクラシックカップの予想
北海道に行ったら・・・ 北海道に行くと、必ず飲みたくなるビール。 それがサッポロクラシックですね。 沖縄に行ったらオリオンビールが飲みたくなります。 どちらも、飲もうと思えば東京で...
【地方競馬予想】サッポロクラシックカップ(2019年10月24日 門別12R)
突然ですが、みなさんはお酒を飲まれますか? 僕は飲みます。 人からはよく大酒飲みだと言われます。 ただ、40歳近くになってきて、非常に酒に弱くなりました。 弱くなってきた自覚があるので、最近は...

ちなみに今、僕が家で飲んでいるビールは「サッポロクラシック」

先日、スーパーでケース売りしているのを見つけ、思わず2ケース48本買ってしまいました。

やっぱり、クラシックは美味いです。

スポンサーリンク

1700mの2歳戦・サッポロクラシック

過去2年は酒の話題で記事を埋めてしまいましたので、今年は早々に切り上げて、競馬の話題をしましょう。

サッポロクラシックカップは2歳の1700m戦。

 

 

今年の出走は9頭。

出馬表はこちら

昨年も少頭数でしたが、今年も少頭数になりました。

さて、9月に入り、2歳戦も本格化してきましたね。

今年は北海道2歳優駿が、JBC2歳優駿として行われます。

JBC2020特設サイト【HOME】
JBC2020特設サイト

大井で従来の3レースをやって、門別で1レース。

各地でレースを行って「JBC」と称する。

うん、面白い取り組みじゃないですかね。

賛否両論あると思いますが、僕は賛成派です。

そんなわけで、JBC2歳優駿につながるであろう、今回のサッポロクラシックカップ。

今年はすでに1700m戦を経験している馬が9頭中7頭いますので、まずは前哨戦を振り返り、軸馬を探していくことにしましょう。

前哨戦を振り返る

7/28 ブリーダーズゴールドジュニアカップ(門別1700m)

地方競馬ライブ

ブライトフラッグが勝った一戦。

アタマ差2着に敗れたノットリグレット

ここ2戦、好走するも惜しい競馬が続いていますね。

過去の記事でも触れましたが、この馬は血統がいいんですよね。

【地方競馬予想】ブリーダーズゴールドジュニアカップ(2020年7月28日 門別12R)
いやあ、暑い。 暑いですねぇ。 梅雨が明けていないというのに、暑さは本格的になってきた気がします。 なにより、湿度が高くて蒸し暑い。 僕が一番嫌いな暑さです。 おまけに今年はコロナ禍でマスク...

前走も鋭い脚を使っての2着。

まだ幼い面が残っていただけに、今回、どれだけ成長できたかがポイントになりそうです。

外枠というのは好材料ですね。

8/19 ウィナーズチャレンジ4(門別1700m)

地方競馬ライブ

このレースを制したのはシビックドライヴ

今回のサッポロクラシックカップで唯一、1700mを2勝している馬です。

レースぶりは大味ですね。

こちらもまだまだ完成途上という感じですが、スケールの大きさは感じさせてくれる走りです。

そして、この馬も血統が良いですね。

おばあさんはクイーン賞を制したビーポジティブ

ビーポジティブにクロフネをつけた母シルバーフォックスは1勝馬ですが、これにカジノドライヴ。

ダート中距離を走らない理由がない、といった血統です。

7/15 ターフチャレンジ1(門別1700m)

地方競馬ライブ

勝ったラッキードリームは次戦でJRAのコスモス賞に出走。

勝ち馬から3.6秒差の8着に敗れています。

ただ、この7/15のレースは強い内容でしたね。

このときの4着が前出のシビックドライヴなわけです。

シビックドライヴを推すなら、当然ラッキードリームも対象になってきますよね。

サッポロクラシックカップの結論

uskの軸馬

⑧ノットリグレット

末脚鋭いノットリグレットを、再度軸に指名します。

前走はあともう少しのところまでいきました。

負けて強しといった内容。

間隔を空けて、馬はきっと成長しているはず。

道中、遊びながら走るようなところがなければ、能力は相当なものでしょう。

前走同様、大外から突っ込んでくるでしょうから、外枠はむしろ好材料。

ここを勝って、JBCに行ってもらいたい一頭です。

 

コメント