【地方競馬予想】東京記念トライアル(2020年7月28日 大井11R)

7月から職場が変わって、だいぶブログの更新をさぼっていました。

だいぶ新しい職場のペースにも慣れてきたので、徐々にブログ更新の頻度を上げていきたいと思います。

基本的には、南関の開催メインは記事を書くとして、プラス門別・園田・高知あたりの重賞レースを書きたいと思います。

あとは余力があれば、重賞に限らず、南関の注目レース、東海地区や佐賀の重賞にも触れていきたいですね。

とはいえ、あまり書くことを負担にしたくはないんで、自分のペースで書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

長距離戦・東京記念トライアル

さて、今回予想するのは、28日火曜日の大井メイン・東京記念トライアルです。

距離は2400mと長距離。

 

出走は15頭です。

出馬表はこちら

同じ日に行われる金沢のMRO金賞が1着賞金250万円

同じく、門別のブリーダーズゴールドジュニアカップが600万円

そしてこの東京記念トライアルが610万円ですか。

門別が高いと見るか、金沢が高いと見るか、はたまた大井が重賞でもないのに高いと見るか。

メンバーだけ見ると、金沢はもう少し賞金を高くしてあげていいと思えるメンバーです。

一方、大井のこの東京記念トライアルもなかなかの好メンバー。

・・というより、何かに気が付きませんか?

転入組だらけ

そう、今回のメンバーをざっと見ると、中央からの転入組だらけなんですね。

もうすでに南関でレースをしている馬も含めて、この5戦以内に中央から転入した馬は、15頭中7頭。

約半分が最近中央から転入した馬ということになります。

この転入組の取捨が、最近地方競馬の予想を難しくしているんじゃないかと勝手に思っています。

というのも、僕は昔から、中央からの転入組は、どれだけ実績のある馬であっても、初戦は馬券から外すということを徹底していました。

もちろん、そうすることで馬券を外すこともあります。

でも、それでも中央からの転入初戦というのは、不確定要素が多すぎるので、買わない方が無難に済むことが多かったのも事実です。

ところが、ここ最近、特に南関の賞金がインフレを起こしていることもあって、中央からの転入馬が多くなっている気がしてなりません。

いや、たぶん、転入してくる馬の数自体はそこまで多くなっていないと思うんですが、馬のレベルが明らかに上がっています。

中央のオープン馬はザラ。

中央の重賞勝ち馬や、ノンコノユメやサウンドトゥルーなど、GI馬まで転入してくる始末。

さすがにこれだけレベルの高い馬が転入してくると、中央からの転入馬というだけで、無条件に馬券から外すということが難しくなってきます。

転入組の取捨選択の観点は?

ただ、どれだけレベルの高い馬であっても、地方の砂に合わない馬はとことん合いません。

ダートグレードレースなどで好走している実績があれば別なんですが、はじめて地方で走ります、なんていう馬は要注意。

地方の砂への適性を見定めるのが転入初戦のレース、という視点が、転入馬が出走するレースを予想するうえでは大事だと思います。

一方、すでに地方でのレースを経験し、実績を残した馬はむしろ買い。

先日の浦和・プラチナカップも、勝ったベストマッチョは転入初戦だった前走で、地方の砂への適性を示して好走していました。

そういう馬は積極的に狙っていきたいものですね。

東京記念トライアルの結論

uskの軸馬

③コスモカナディアン

そうそうたる顔ぶれがそろったレースではありますが、軸にしたいのはコスモカナディアン

前走が中央からの転入初戦となった川崎2000mの中原オープン。

このレース、好メンバーが揃っていたのですが、そこで地方の砂への適性を見せて2着

十分地方で戦えるところを示しました。

そもそも、2017年の川崎記念でも3着に好走している実績がある馬

その他中央の重賞でも、勝ち切れてはいないものの、安定して掲示板をとらえてきています。

右回りで、直線も長い大井の方が、この馬の良さを生かせると思いますし、そんなときに頼りになるのが御神本騎手

前走のように前々の位置取りでレースを進められればいいですね。

コメント