【地方競馬予想】MRO金賞(2020年7月28日 金沢11R)

前にも書いたんですが、僕が苦手、というか、よくわからない競馬場筆頭が金沢競馬場。

騎手もあまり知らないし、調教師はもっとわからない。

当然、馬もほとんど知らない。

君子危うきに近寄らず、で、本来、こういう競馬場のレースに手を出さないのが鉄則。

・・・なんですが、MRO金賞の面々があまりにも面白そうなので、今回は予想をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

金沢の3歳重賞・MRO金賞

さて、そのMRO金賞。

1着賞金250万円と、最近の地方競馬の賞金インフレ傾向にあってはやや低め。

にもかかわらず、いいメンバーが今年はそろいました。

出馬表はこちら

注目は愛知県知事杯 東海ダービーの覇者・笠松ニュータウンガールと、地元・石川ダービーを制したハクサンアマゾネスの対決。

これに、舐めたら危ない兵庫勢、コスモピオニール・ガミラスジャクソンの2騎。

さらに前走大差勝ちで未知の魅力がある愛知のタイニーパワーも参戦。

ハクサンアマゾネスに石川ダービーで迫った北日本新聞杯馬・フジヤマブシも侮れません。

主催者さん、もっと賞金出してあげてよ、と言いたくなるくらい、いいメンバーです。

ポイントは・・・

さて、これだけの好メンバーが揃ったわけですが、カギになりそうなのはコース形態でしょうね。

MRO金賞の舞台は金沢1900mです。

正直言ってあまり金沢競馬場のコース形態に詳しくはありません。

ただ、これまでの1900mで行われてきたレースを見る限り、操縦性の高さがあるかどうかがポイントになりそうです。

というのも、スタートして割とすぐにコーナーがありますし、全体で6回コーナーを曲がります。

脚質的にはやはり先行力がある馬が有利になりそうですね。

乗り替わりがどう出るか

そしてもうひとつ、見逃してはならないのが騎手

東海地区の覇者のみならず、西日本地区の覇者をかけて出走するニュータウンガールですが、騎手が佐藤友則騎手から藤原幹生騎手に乗り替わり。

ニュータウンガールはあまりクセがありそうなタイプの馬ではありませんが、テン乗りというのはやはり気になるところ。

藤原騎手は東海地区リーディングで9位(2020年7月25日時点)の騎手。

僕の印象では、そこまで派手さはないんですが、堅実なタイプというイメージ。

笠松の中では2番手グループという印象です。

ソツなく乗ってくれそうな気はするんですがね。

やっぱり、なんか気になります。

MRO金賞の結論

uskの軸馬

⑧ハクサンアマゾネス

馬の能力的なものからいうと、ニュータウンガールを推したいところ。

・・・ですが、上記の乗り替わりだとか、遠征競馬だとか、もろもろを考慮すると、軸馬は地元・ハクサンアマゾネス。

今年はコロナ禍で出稼ぎ遠征がなかなかできない吉原寛人騎手。

その吉原騎手が地元で続戦できるのならば、やはりこの馬の優位は動かないと見ていいでしょう。

前走も古馬相手に9馬身差をつけて圧勝していますし、距離は100m違えど石川ダービーで経験済み。

ここまで5戦5勝

好メンバーが揃った今回のMRO金賞を勝つと、この先、ダートグレードレースへの出走など、視界が広がってくるのではないでしょうか。

それにしても、佐藤友則騎手は罪が深いですね。

何もなければ、ニュータウンガールで堂々、このレースに参戦できていたものを・・・。

馬券の軸としてはハクサンアマゾネスですが、応援するのはニュータウンガールと藤原騎手

乗り替わってなかったら勝てた、とか言われないようなレースにしてほしいですね。

コメント