【地方競馬予想】名港盃(2020年7月23日 名古屋11R)

いない。

やっぱり、いない。

なんでだろう・・・。

念のため言っておきますが、笠松の某騎手のことではありません。

僕が地方競馬に深くのめりこむきっかけとなった馬のことです。

その馬は、カツゲキキトキト

去年の9月、金沢のレースに出走したのを最後に、レースに出ていません。

彼はいったい、今どこで何をしているのでしょうか。

今回予想する名古屋の重賞・名港盃は1900mのレース。

彼の庭とでも言うべきコースなんですが・・・。

最近、僕は彼の馬名がレースにないかと、毎週、名古屋のオープン戦の出馬表を見ています。

今週こそは、今週こそは、と思って、出馬表をnetkeibaのアプリから開くのですが、やっぱり彼の名前がありません。

本当に心配です。

ただ、改めてカツゲキキトキトの競走成績を見てみると、凄まじい馬だと気づきます。

これまで53戦しているカツゲキキトキト。

3歳の2月以降、45戦して、ダートグレードレース以外のレースで複勝圏内を外したことが1度もありません。

彼がレースに出走しなくなってからというもの、東海地区の古馬重賞戦線は混とんとしています。

やっぱり東海地区の覇者はカツゲキキトキトです。

どうか、もう一度、その雄姿を見せてほしい。

心からそう願っています。

スポンサーリンク

大混戦?名港盃

さて、今回予想するのは、カツゲキキトキトがいない名港盃。

1着賞金400万円の北陸・東海・近畿地区交流レースです。

距離は1900mで、今年の出走は12頭。

出馬表はこちらなんですが、いろいろと違和感があるところがありますね。

まず、アドマイヤムテキ騎乗の岡部誠騎手の所属が「大井」となっています。

これは短期騎乗期間中だからなんですが、違和感しかありません。

そしてもう1頭。

②ストーンリバーです。

彼は門別か南関のイメージなんですが、なんで東海地区で走っているのだろう、と思ってしまいました。

前々走から園田に移籍したようですね。

でも、なんか違和感。

そして、こちらは違和感ではありませんが、燦然と輝く⑩メモリージルバ11歳

11歳なのに、前走重賞で勝利。

ここまで131戦ですか。

名港盃は2013年、2015年、2016年、2017年、2018年と出走し、今回は2年ぶり6回目の出場。

もはや勝ち負けを超越した、レジェンドと呼ぶにふさわしい馬です。

そんなこんなで話題に事欠かない名港盃。

近畿地区からも遠征を受けいれているのもあり、とっても予想が難しいメンバーが揃いました。

展開も読みにくく、「この馬は絶対ないな!」と言い切れる馬もいません。

難しい。

実に難しいレースだと思います。

こういうときは、素直に馬の「」で軸馬を決めてしまいましょう。

名港盃の結論

uskの軸馬

⑪エイシンニシパ

きわめて乱暴な言い方にはなりますが、馬の全体的なレベルで言えば、兵庫>東海

兵庫からの遠征馬は当然一目置かないといけません。

まして重賞ウイナーが参戦するとなれば、近走の実績が悪くても押さえておくべきでしょう。

軸馬として推奨するエイシンニシパは、重賞10勝の実績を誇る、兵庫の中長距離界を代表する馬

名港盃もかつて2017年に制しており、2018年はカツゲキキトキトの2着

メモリージルバに負けると劣らない名港盃の参戦歴を誇ります。

ここ4走は勝ち星から見放されていますが、すべて掲示板、かつ3回は馬券内と安定した成績。

前走は4着ということで馬券外になってしまいましたが、決して力負けした感じではない内容でした。

普通に、きわめて普通に、馬の格だけで予想するならば、エイシンニシパ1択です。

最近は吉村騎手とのコンビが多かったのですが、前走に引き続き、今回も田中学騎手とのコンビ。

田中騎手とは2017年の名港盃でコンビを組んで勝利

乗り替わりがマイナスになることはまずないでしょう。

というわけで、名港盃の軸馬は⑪エイシンニシパ。

あ~あ、カツゲキキトキトが参戦してくれれば、もっと面白かったのに・・・。

コメント